FC2ブログ
青くて痛くて脆い(作・住野よる)感想
カテゴリ: 小説

人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学1年の春、僕は秋好寿乃に出会った。
空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりも純粋だった彼女。秋好の理想と情熱に感化され、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社を結成した。
それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘が棘のように刺さっていた。

「僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える」
それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた――。



面白かったです。カドカワ株を長期保有してるので定期的に「カドカワの本5冊あげるよー」とパンフレットが来るのでその中から選んだ一冊でした。こういう機会があると自分のセンスとは違う本に触れやすいのでいいですね。

内容としては青春系・友情系という感じでしょうか。読みやすい感じでしたし一気に読んでしまいました。個人的に青春青春されるとそういう学生時代を送ってない僕としては一歩引いてしまうのですがこの作品は主人公がちょっと引き気味男子だったのでいい感じに入り込めました。

ただよくあるそれをサポートする陽気な友人にはうっ、、となってしまいましたがw


・ネタバレ込み感想

僕はわりと楓の感情は理解できるんですよね。僕は楓のように信念と呼べるほどのものがあるわけではなく単純に「面倒ごとには巻き込まれたくない」というだけですがw

そしてそんな自分を受け入れてくれた秋好への好意と憧れ。しかしそんな自分を受け入れてくれた秋好も変わっていく、、、

楓も自分はそう生きると決めてはいたもののだからといってそんな自分が好きではなかったんだと思います。それでもそんな自分を友人として認めてくれてぴっぱってくれた秋好。楓からすれば自分を肯定してくれた秋好が変わっていくことで秋好から否定されているように感じてしまった。

だからこそモアイを元に戻すことで「楓を肯定していた頃の秋好(モアイ)」に戻って欲しかった。

ただ楓にとっては恋愛というよりは自分を肯定してくれた人を取り戻したいという気持ちの方が強かったんじゃないかと思います。
自己肯定感の中に恋愛も含まれているとは思いますがそれは一部かなと言う感じ。

しかし秋好は心の奥では昔と変わってなかった、、、っていうやつの「心の奥では変わってない」みたいなのってほぼ伝わらないんですよねw

秋好と楓が徐々に離れつつあった最初の数年に秋好が言葉にして伝えていればまた違った関係になっていた(それがいいかどうかは別として)と思います。
まぁその言葉にしなくても分かり合えるという思いがまた青春という感じを出してきていい感じではあるんですが。

結局楓は自己完結して前に進みましたが秋好はどうなんでしょうね。モアイ解散のあと自殺ENDもあるのかな?と思いました。
秋好としては楓の気持ちがどうあれ自分がやってきたことの間違った面(正しい面もありましたが)を叩きつけられ友人からも裏切られたわけですし本編では救済はされてないと感じました。

となるとエピローグの後をどう想像するか・・・という感じですよね。伸ばされた楓の手を秋好がはねのける可能性もありますし。

個人的には和解しなくてもいいかなと思います。全部問題を解決して前に進まなくても過去の問題を元に新しい未来を創っていく方が秋好らしいかなと。



とそんな感じ。一週間後に同じ作者の「君の膵臓が食べたい」が劇場アニメ化されるので行ってみようかなと思うくらいには面白かったです。



スポンサーサイト



編集 / 2018.08.25 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
市民さんとかじゅ先輩Ⅱ
カテゴリ: 小説
そうこうしていると突然ドアをノックする音が聞こえ一人の人物が入ってきた。

イヤイヤイヤ、返事する前に入ってくるとかノックの意味無いじゃん。

急に入られたらヤバいケースもあるし。

そういやトイレに入ってる時にノックされてコンコンって返したのに数秒後にガンガンガン!!ってやる奴なんなの?

多少は急ぐけどそんな秒単位であせらされても。むしろそんなんされたらイラつくからわざと長引かせるまであるし。

そんなことを考えていると目の前の人物が自己紹介を終えていた。

ヤバい。余計なこと考えてたら名前を聞きそびれた。

まぁ、しょうがない。なんかバルタン星人っぽいからこいつの名前は俺の中ではバルタンと呼ぶことにしよう。

これが俺とバルタンの出会いだ。ちなみに出会ってから数年になるが未だに本名は知らない。

なんとなーく誤魔化しながらここまで来た。というか今更名前とか聞けないし。

そしてやってきた勝負の時。

結果から言えば惨敗だ。

敗因としてはかじゅ先輩がかっこよすぎたこと。それに尽きる。

見惚れていたら東一局にいきなりチョンボとかしちゃいました。テヘ。

だからリアルは嫌いなんだよ。ネットでやろうぜ。

チョンボをした時にバルタンが心配そうな顔をしていたので

『しょせん他人の金だ…失うのはオレたちじゃない。気楽に打ちゃあいいんだよ』

とアカギのモノマネをしたらヤクザさんにガチで睨まれました。あれはマジで怖かった。

一人は内ポケットに手を入れてたし。あれ絶対拳銃出すつもりだったよ。

これも同巡振聴を指摘した市民ってやつのせいだ。

あいつが全部悪い。俺は悪くない。

そして俺は最近奴が天鳳というネットゲームをプレイしているという情報を得た。

このチャンスを不意にするわけにはいかない。俺は奴に復讐するために天鳳界へと舞い降りた。

いつの日か意味のない山越しで奴にラスを押しつけるその日まで俺の戦いは終わらない………


END
編集 / 2010.05.16 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
市民さんとかじゅ先輩Ⅰ
カテゴリ: 小説
今日はちょっと昔話をしよう。

数年前俺がまだメカゼットンを名乗っていなかった頃の話だ。

その当時俺の名は、、、いや、やめておこう。俺はあの名前を捨てたんだ。今更名乗る資格なんてない。

でも名前がないってのも不便だな。一応「オルハリコンてんタン」とでも名乗っておくか。略して「オルたん」。

その日俺は大きな勝負の場につくことになっていた。一言でいうとヤクザの代打ちだ。

麻雀で何かを決めるなんて時代錯誤もいいところなのだがそれを口に出すのは野暮ってものだ。

それに断れば何をされるかわからない。痛いのイヤだし。ヤクザ怖いもん。

勝負は2対2のチーム戦。

半荘一回勝負でトップ者を出したチームの勝ち。ただし誰かが飛んだ場合はそのチームの敗北となる。

いつも通りのルールだ。

だたその日は一つだけ大きな問題があった。いつもペアを組んでいる相棒が不在なのだ。

「その日はおばあちゃんの引っ越しを手伝わないといけないから無理だよ。うちの家で車運転出来るの俺しかいないからさ。親父もその日しか休みとれないからその日にやらないとまずいんだ。」

という理由らしい。

まぁ、代わりの相棒は組織が用意してくれるらしいのでなんとかなるだろう。俺友達いないから他に頼める人いないし。

それにあいつ符計算できねーし。さ、さみしくなんてないんだからねっ!!

そして勝負の一時間前。

俺は控室でお気に入りのチュッパチャプス(グリーンアップル味)を舐めながら対戦相手の資料に目を通していた。

今回の相手は「市民」と「かじゅ先輩」だ。

「かじゅ先輩」?先輩ってことは学生なのか?学生がこんなところに出入りしていいのか?というかこいつが先輩ということはこの市民ってやつが後輩でもっと若いってことか?

ああ、妬ましい!!若さが妬ましい!!

俺の心は嫉妬の炎で燃えあがってた。

絶対負けるもんか、、、

to be continued…
編集 / 2010.05.15 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析