メタ戦略
カテゴリ: 麻雀
メタ戦略とは「流行の戦術に対して有効な戦術」というもの。
(学術的な分野で使われる場合は他の意味もあるみたいだがそれは知らん。とりあえずここではメタ戦略とは「流行の戦術に対して有効な戦術」とする。)

メタ戦略は麻雀において有効なのだろうか?

例えば先切りだ。

僕の印象では先切りというのはやや不利な行為とみられているように思う。それより受け入れを目いっぱいに保ち先制リーチを打ちやすくするほうが有効だと。

別にそれがどうとかではない。
ここで大事なのは「その戦略が流行っているかどうか?」だ。

固定面子で相手の打ち筋の傾向がおおよそわかっている、などでない限り読みは「こういう形ならこうするだろう、」と自分にあてはめて考えることが多い。

そう考えると目いっぱいに受け入れを持つ打ち方が現在の主流ならば不特定な相手と対戦する場合は相手がそう打つと考えるのが自然だろう。

そこで「メタ戦略」が生きてくる。
(あくまで勝ちやすい戦術である可能性が高いだけではあるのだが)

うまく先切りした牌のマタギが待ちになれば和了りやすい、というのであれば先切りする価値はあるだろうし相手の序盤の捨牌のまたぎスジも通しやすいとなればずいぶん楽になる。

当たり牌をつり出すような戦術は古い、ということを言われることがあるが現状の主流の戦術に対するメタ戦略として有効なのではないだろうか?

ただ、全員がそういう意識を持ち始めると今度は「迷彩を含んだ(出和了りを意識した)手順」が主流となり今度は「目いっぱいに受ける打ち筋」がメタ戦略となりうる。

こうなるといたちごっこだ。

結局潜在的にどちらも
「最良の戦術である可能性を含んではいるが最良ではない」のだ。

別にこれは現状の麻雀では先切りをした方が有利という話ではない。
どんな戦略も優位な面はあるといいたいのだ。

今回の例でいえば「聴牌率を多少下げてでも聴牌→和了りまでのプロセスの難易度を下げる」という行為は決して無駄ではないということ。

主流の戦術をメインに据えて打っていて危険なのは主流の戦術の良い面ばかり見て悪い面が見えなくなっていたり主流でない戦術の良い面を過小評価してしまうことだろう。




というのを別のところに書いた。

こっちに書くことがなさすぎなので転調しましたw

これとある選択を「絶対有利」みたいな言い方をしてる人がいたのでイラッとして書いたんですね。

「そんな圧倒的な優劣の差はねーだろ」と僕は大体の選択で思うのです。

「よく考えればこっちのほうがよかったかなー」とか大体どっちでもいいし。
スポンサーサイト
編集 / 2009.08.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
天鳳リーグ最終節
カテゴリ: 配信
配信やってます。

http://livetube.cc/%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E4%BB%95%E6%8E%9B%E3%81%91%E3%81%AE%E5%A4%A9%E9%B3%B3%E9%85%8D%E4%BF%A1%28%E7%94%B3%E3%81%97%E8%A8%B3%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%AB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%8C%E5%8F%82%E5%8A%A0%29%E5%A4%A9%E9%B3%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E6%9C%80%E7%B5%82%E7%AF%80
編集 / 2009.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
配信告知
カテゴリ: 麻雀
思い込みって強くないですかね?

あるいは読めてる気になっている、とか深読みしすぎ、とか。

麻雀って結構大体だと思うんですよ。

例えば「和了ったら1000万円」という勝負があったとして。

578ってあって5を切りたいと。

これ考えすぎるといつ切っても6-9受けが透けそうに見えるんですよ。

あんまり早いと「78とあるから5がいらないことが読まれるんじゃないか」

あんまり遅いと「57に8を引いて6-9の受けが出来たことがばれるんじゃないか」

とね。

結局読みようによっては全部読まれると思えてしまうんです。

なのであまり思考を深追いしすぎても堂々巡りになるだけじゃないかと。出来るだけシンプルに効率よく打つのがいいんじゃないかと。

とはいっても思考は大事でしょ?それを利用する、しない、ではなく「わかったうえでやっているのか、わからずにやっているのか」では大きな差があるし。

でもさ。そういうのって普段からやってないとわからないわけですよ。

自分の思考は追えるけど他人の思考は追えないので新しい思考は得られないし。

ということで

8月27日(木)22時半
『機械仕掛けの天鳳配信(申し訳なさそうにプロが参加)』

をやります。

「マイケル土俵際」主催のプロ4人によるネット上のリーグ戦(最終節)を配信します。

内容としてはマイケルが打ちながら随時しゃべる、という形になると思います。

他人の思考を追う、という感じで少しやってみようと思います。
編集 / 2009.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
タイトルをつけるに値しない内容の記事
カテゴリ: 麻雀
東風戦

東一局に4000オールをツモられた一本場。

南家でドラが南

三四四五六⑥⑦⑧中中 ポン南 

6巡目くらいに西家からリーチが入る。

まぁ、無視なんですけどね。

でなんかリーチ者の河に一七が切ってあってリーチ後に六が切られる。

これ中出たらポンするのとかありなの?

現状の二-五待ちはよくはない。

それならリーチに通りそうな四-七か三-六に切り替えたほうが和了りやすい気がするんですよ。
枚数は少し減るけど打たれやすいほうが和了りやすいんじゃね?



って書こうかとしたんだけどドラポン者がリーチに向かってポンして出てきた牌の近くとか別に切られやすくないなw

自分で書いといてなんなんですがこんなの鳴かないですねw

よっぽど誰かが手詰まりを起こしている確信があるならまぁ、鳴いてもいいのかもしれませんが。
あ、あと相手がリーチばっかり見るレベルであるなら鳴いてもいいのかもしれん。


でも鳴かねーかw
編集 / 2009.08.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
攻め続けて見える道もあるってことだ
カテゴリ: 麻雀
ということをどこぞの誰かがいっていました。


「点棒があるので受け気味に行く」

まぁ、それもいいとは思うんですがやっぱ攻めたほうがよくね?

もちろん無理をする必要はないとは思うんですが、、、、

現状トップ目だとしても2着目にマンガン引かれても余裕ってことはあんまりないですよね。
(出和了りでもあんまいい感じでないこともしばしばあるし)
さらに親に和了られても構わない状況っていうのもそうそうない。

自分が和了れなければ3分の2でやばい場所に加点される。
そう思うと割と攻めたほうがいいんじゃないかなと。

ラス目が和了ってくれたりちょっと差のある2目が安く和了ってくれたりと信じて過剰に受けに回るのは受けてるんじゃなくて勝負を避けてるだけのうような気がする。

と最近の自分の麻雀を見ていて思います。

ようはチキンってことです。
編集 / 2009.08.22 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
和了るために
カテゴリ: 麻雀
和了るために攻めているわけですよ。

確かに振り込みたくはないけれどそれよりも和了りたい。

だったら和了りやすいほうがいいと思うんですよ。

昨日裸単騎になったんですがリーチの危険牌(危険かどうかは知らんが安全ではない)と通りそうな牌。

まぁ、危険な方を切って和了れそうな単騎を選択。
(和了れそうといっても裸単騎なんで何でもあるから脇は打たないので立直者がツモ切りそうな牌)

どうなんですかね?よくある例だと

556九九 の形でリーチに6が通るので6を切って押す、みたいなのを見ることがあるんですがこれ5切ってゼンツのほうがいいよね。

科学する麻雀にもあったけれど和了りたいなら最大限和了りやすい方を選択したほうがいいと思うんですよ。

まぁ、上の牌姿で5だけは切れない、とか他の無スジを引いても打九で降りる(回る)というのであればいいけど結局次にひかされた無スジを押すつもりなのであればもうここで5を押してしまったほうがいいよね。無スジなんて意外と通るし。

和了ることで身を守るってのは確かにあると思います。
編集 / 2009.08.21 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ルールを加味しない
カテゴリ: 麻雀
東場の親の7巡目

五六七②③④45679発発北 ドラ発


まぁ、リーチしないんですよ。リーチするのがいいのかしないほうがいいのかは知らんけど。

僕はリーチしない。別に「これはリーチだ!!」って言われても否定はしないですけどね。

曲げないほうがいいんじゃね?とは思いますが。

ただ、思うのはこの判断はルールによってそんなに変わるのか?って言う話なんですよ。

僕これルールによらず曲げないんですね。

なんでかっていうと「なるべく和了りやすいようにする」という判断で動くからなんですよ。

東一局の親のドラドラなんてルールにかかわらず和了りたいでしょ?

結局「早くリーチをして和了れる状態を長く維持する」のか「手変わりを待って和了れる状態にするのは遅らせるがより和了りやすい形をつくる」のかどちらが有利かの問題であって。僕は後者がより和了れると思うのでそうするんですけどこれって別にルールによって変わるわけではないですよね?クラシックルールとか極端なルールは置いておいて大体のルールにおいて変わらんと思うわけですよ。

この問題においてルールってそんなに判断を変えるほどの影響ってある?
僕は東風か東南かくらいでは変えるほどの影響力はあるとは思えないんですよねー。

なんで僕は天鳳、フリー、東風、東南、すべてにおいてリーチしません。


編集 / 2009.08.17 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
代走のお客様お戻りです。
カテゴリ: 麻雀
フリーで代走が戻る時って卓についてる人は手牌を伏せるじゃないですか。手牌が見えないように。

僕そういうのに結構無頓着なんですよ。まぁ、リーチとかだと卓のふちに手牌をつけて見えにくくしたりはするんですけど大体無頓着。

まぁ、見ようともしないだろうしそんな瞬間で見て覚えれるもんでもないし別にそんな神経質に見えなくしなくても大丈夫でしょ、という感じ。

とはいっても見られていい気がしないというのは正常な感覚だと思うし「見えないようにする」というのは当然の処置なので伏せたりする行為に別に違和感はない。特に隠さないのは僕が隠す動作が面倒なだけだ。

でも中には「見たくない人」もいるじゃないですか。トイレから戻ろうとしたら手牌が見えちゃったから次局から戻るよ、みたいな。

俺はちょっとくらい見られてもあんまり気にならないけど見たくない人がいるならばキチンと伏せる(見えないようにする)べきだな、と思いました。

別にそういう出来事があったわけではないんですけどね。

なんかふと思ったわけです。
編集 / 2009.08.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
視野の広さ
カテゴリ: 麻雀
ニコニコで「TRUE REMEMBRANCE」と「茜街奇譚」というサウンドノベルゲームの実況を見ました。

特に「TRUE REMEMBRANCE」はやばい。フツーに泣いたし。ふひきーさん読み方ウマすぎ。

なんか最近映画なんかを見てもそうなんだけど感動することが多くなった。

年をとると涙もろくなる、というのは子供に比べ大人の方が視野が広いからではないかと思う。

最近は生き別れた家族が再開する、すれ違っていたカップルがわかりあう、とかそんな単純なものでも感動出来るし。

という感じで麻雀も視野を広げるといろいろ見えてくるものがあると思うんですよ。

視野が狭いままだと相手の打牌の意図が理解出来なかったり多くの選択肢を持つことが出来なかったりする。

まぁ、いろんな側面から物事を見れた方がいいんじゃね?って話です。

次は送電塔のミメイだな。
編集 / 2009.08.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
放棄してはいけない美しいツモ
カテゴリ: 麻雀
「プロには放棄してはいけない美しい手筋がある」

というセリフが某マンガにあった。

こういう手順をばからしいと思うだろうか?

勝負の世界において美しさなどの自己満足的なものに意味などなく結果を追及することのみが正義だと思うだろうか?

僕はNoだと思う。

結果を出すだけが正義、というのはいささか偏った意見であるように感じる。

もちろんもっとも勝ちやすい打ち筋を追及することは重要なことだ。その努力は常に続けないといけないと思う。

でもおそらくプロというのはそれだけでは駄目だ。

おそらく「勝ちに近い打ち方」というものは恐ろしく地味なものだろう。

はたしてそれを見て面白いと思うだろうか?

もちろん面白いと思う人もいるだろう。でもおそらく大多数はそうは思わないんじゃないだろうか?

多くの人にとっての麻雀は娯楽だ。決して勝負ではない。

僕の知る限りでは男性麻雀プロより女性プロのほうが人気が高く知名度もあるように思う。

知名度のある女流プロより実力のある男子プロが大勢存在するにも関わらずだ。

これは多くの人が麻雀プロをタレント的にみていることを表しているように思う。

別にそれが悪いと言っているんじゃない。大切なのは何を求められているかだ。

現状で麻雀プロに求められているものは「結果だけを求めるストイックな打ち方」ではないということだ。



とか思うんですけどね。どーなんでしょ?個人的にはテレビ対局とかで結果だけ求めて地味な打ち方されてもつまらんなー、と思うんですよね。

小島さんとかがダントツから平和にせずに三色にしてツモ和了ったりするのを見るほうが楽しいと個人的には思います。

編集 / 2009.08.13 / コメント: 7 / トラックバック: 0 / PageTop↑
フリテン一点読み
カテゴリ: 麻雀
ラス前にラス目の北家である上家がリーチ。

この時点で僕は彼の動きにかなり違和感を感じていた。

牌をツモって来た時、牌を手に持ったまま少し止まっていたのだ。

フリーで打つ人は思い出してみて欲しいのだが考えるときはツモってきたを牌を手牌の右端(右利きの場合ね)につけて考えることが多いと思う。

ツモ牌を手牌につけるという行為をしてしまうと「和了り宣言」出来なくなる店もあるし「つけない」というのが仮聴をツモって和了るかどうかの選択の間に感じたのだ。


もちろん大体好形聴牌の一向聴で愚形聴牌してしまった時にツモ切ろうとしたけどちょっと迷った、とかの可能性もあるので(113456二三四五にツモ七みたいな感じ?)このモーションだけでは断定は出来ないがフリテンリーチの可能性は十分ある。

そして少考ののち手出しの打8pでリーチ。

河を見渡すと5-8pは結構よさそう。もしこのリーチが和了り形からのフリテンリーチであれば5-8pが選ばれることは結構ありそうだ。

かつ、今リーチをかけてきた相手は結構トップを狙ってくるタイプという情報もあった。

立直後の見逃しや山越し、他家を飛ばさないように打点を下げる、などかなり貪欲にトップを狙ってくるタイプ。

これら3つの要素を考慮しこのリーチはほぼ100パーセントといっていいほどの確率でフリテンリーチだと断定。

あと、その読みがあっており、そこでゼンツして和了れた、となると超きもちよさそうというのもあるしww(まぁ、ラス前で2着と結構離れている3着目の親番で一向聴という押さざるを得ない(押しても問題ない)状況では」あった)


でもこういうのは麻雀のゲーム的にどうなのだろうか?僕は普段相手の傾向や動きなどはあまり考慮しない。

同じモーションでも違う人(対戦経験が浅い人)がやればフリテンとは決めつけないし例えばこの人とネット麻雀をやっていればこれもまたフリテンリーチとは断定しないと思う。


少なくとも僕程度の雀力であれば挙動から高精度で何かが読め、かつ利用できる局面なんて極めてわずかだと思うしそれらを読む余裕があるなら枚数を数えあげたほうがよっぽど有益であることのほうがほとんどだ。

そもそも僕には「挙動読み」というものが麻雀の技術なのかどうかもよくわからない。
もちろん挙動は確実に存在するし勝率をあげるために利用も出来るものではあると思うのだけれど、、、それは麻雀のゲーム性自体とはちょっと違うものである気もするんです。


なんというか、、、、昔パワプロの対戦で

「キャッチャーのミットの動きを見るとバッター側が有利になるから極力見ないようにしよう」という話が友達の中であったらしい。(俺はやってなかったからよくわからんがそういうものなの?)

なんかそれに似てると思うんですよ。わかりにくいと思うけどさw

「実際はあるのだがないという前提でプレイする」みたいな。

僕にとって挙動とかそういうものなんですよ。

なんか長い上にわかりにくくなったけど要は

「フリテンリーチを一点読みしてやったぜ!!」って自慢ですよ!!

横移動で親は流れて三着で終わったけど。










パワプロの話のくだりはいらなかった気がしてしょうがない。
編集 / 2009.08.12 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
降り
カテゴリ: 麻雀
こんにちはメカゼットンです。

降りるのは牌に対してではなくタイミングであることが多い、という話をパスタを食べながらしました。

それにしてもたらこクリームはマジでうまいな!!

まぁ、それはどうでもいいんですけど。

相手がマンズの混一で役牌と9mをポンされたとしましょう。

で自分は一盃口ドラドラの5200のカンチャン聴牌とでもしましょうか。

2m、3m、と押してさらに7mを引かされた。

で7mでやめました、と。これ7mでやめたっていうより「そろそろやめた」が正しいんですよ。

通れば通るほど次に切る牌は危険になっていく。しかも巡目が深くなればなるほど自分の和了りのチャンスも減っていく。そのバランスを自分なりに考えて「そろそろやめる」という選択をしているんです。

別に2m→7m→3mの順番でくれば3mでやめるし。

特定の牌に対してこれだけはやめるってあんまりないんですよ。

もちろんないわけではないんですけど「どうせ濃いとしても2分の1じゃろがい!!」で切ってしまうこともあるし(まぁ、麻雀で2分の1は相当分の悪い勝負なのだがw)。

要は降りるのは牌ではなくタイミングが重要だと思うってことです。

捨牌読みより押し引きですよ!!
編集 / 2009.08.09 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
はじめまして
カテゴリ: 麻雀
こんにちわ。天鳳8級メカバルタンです。

東南戦で鳳凰卓を目指しています。よろしくお願いします。

さて、先日こんな場面に出くわしました。


ダマー?


ダマを選択してみました。

押し返しが怖いので降りる気満々でとりあえずのダマの聴牌取り。

すぐ両面に代わるならリーチ。時間がかかるならそのままシャボダマ。

という想定でダマを選択したんですが南一局の親ならリーチでよかったかなーと思います。

南2局以降や子ならダマでいいと思うんですがこれはまだリーチしていい状況だったのではないか?と反省しています。

たぶんメカゼットンさんなら曲げてますねー。














というような感じでメカゼットンとメカバルタンで書き方を変えてみようかと思ったんだけど「ジャス家」の劣化版みたいな気がしてしょうがない。
編集 / 2009.08.08 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
可能性が低いってのはつまり
カテゴリ: 麻雀
ゼロじゃない。

どうもメカゼットンです。

まぁ、そういうことなんですよ。点棒がなくても親番があればなんとでもなるんですよ。

諦めなかったから逆転できたとかね。そういうのは大体たまたまだったりするんです。

点棒ないのでリーチしたら4000オールとか6000オールになったりとか無理押しして和了ったとか大体たまたまでしょ?

それはあきらめずに頑張ったというの?

状況を加味して押しよりの選択をしただけじゃね?と思うんです。

押すしかない(押しても問題ない)ような状況で回ったり受けたりして形聴で粘って連荘して~、っていうのは頑張った感はするが、、、、

ただ親満連発とかそりゃ別に頑張ったわけじゃねーだろ、と思うんです。
編集 / 2009.08.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
ツイていない?
カテゴリ: 雑記
「ツイてない」とはなんぞや?

東一局2巡目親リーがきました。

しかし14巡目くらいに脇が2000点で交わす。

これ和了れなかった親はツイテないんですかね?

他家にうまく打たれた、というのは「ツイテない」にはいるんですかね?

こういうのはツイテないとは違うような気はするんです。

全員がハイレベルになってくるとツイテいる、ツイテいないということのほかに「ミスをしない」というのも重要になってくるような気がしますね。

ちょっと和了り牌が深いとか枚数の少ない方にとってしまうだけで他家に和了りをもっていかれてしまうことが起きやすくなる。

微損の選択が大きな不利益につながりやすくなると思うんです。

ツイテいる、ツイテいないは結果からしか判断できないのでプレイヤーに出来ることはミスをしないように打つ、ということなんだと思うんですよ。

だから多少自分に不幸な結果が連続して起きてもそれはそれ。大事なのはそれに振り回されてミスをしないこと。



ってそれが簡単にできりゃ苦労しねーよ!!って話なんですが。
編集 / 2009.08.01 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

実況動画もやっています

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析