スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
減って当然
カテゴリ: 麻雀
前回の記事なのだけれどあくまでスタンスの話であって「本人が楽しいから」とか言う理由で常連となれあうとかそういうのは駄目ですよ。

それはただの職務怠慢でしかないし。あくまで「そうした方が利益につながると思うが故の行動」という意味です。

ということで最近やってたGENERATION XTHシリーズの「-CODE BREAKER-』をクリアしました。

隠しボスが強すぎじゃね?まぁ、ウィズの流れを組むゲームは大体そういうものなんだが。

ところでこのゲーム。1、2、3、まで出ていてセットで1万円ちょいで買いました。

1、2をクリアした時点で130時間ちょい。大体一作65時間くらい。3もそのくらいだとしても200時間くらい。

ゲームで1万円って高いと感じる人もいるかもしれませんが時間当たりの単価って結構安いと思いませんか?

僕は雀荘もそうだと思うんですよ。

負ける、負ける、いう人がいるけど遊びなんてお金がかかるものだからさ。

むしろ増える可能性がありそれを努力で高めることが出来るとかかなり優秀な遊びだと思うんです。

1日中遊んでお金が増えるかもしれない、これって相当すごくないですか?

もちろん尋常じゃないくらい減るかもしれませんよ?

でもいい年した大人が外で遊ぼうとなるとそれなりの額を使うじゃないですか。

2、3万なんて使おうと思ったら一瞬ですよ。

それなのになぜ雀荘でお金が減ることに対してそんなに悪いイメージを持つんですかね?
(まぁ、簡単に言うと負けると不機嫌になる)

「遊び」だと考えればお金なんて減って当然なんですよ。なんでそれがわからんかねー。
スポンサーサイト
編集 / 2009.09.30 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
大体鳴いてた
カテゴリ: 麻雀
                    形的に



ここから5-8sチーとか絶対してたんですよ。

だって受け入れが増えるじゃないですか。

と思ってた。でも最近は鳴かないのもいいなーと思うようになってきたんです。

カン7mと比べて3-6mって現状で2枚しか多くない。

一枚でも打たれるとすでに一枚差。これだとそんなに有利じゃないよなーと思うんです。
                      
例えばここで上家から出る5sをチーするとして。

以前の僕は受け入れが増えるというメリットを重視していたんですけどまぁ、デメリットもあるよね、と。

もっとも大きいものとしては次巡の聴牌チャンスを放棄する、というやつ。

大きな差があるわけでもないのに聴牌チャンスを手放すのはどうかなーと。

あとは警戒度の上昇。今回はドラが見えている、というのもあるのでそりゃ警戒されるでしょうよ。

5sをチーしたら基本的にはもう鳴けない(すでに鳴けないケースもあるのだろうが)、と考えるのが妥当だと思う。もちろん鳴けるケースもあるがそれは相手もそれなりの手が入っている場合に限った話。

さすがにこっから鳴ける、というのは楽観視しすぎだと思うし。

でも3-6mは鳴きそうなんですよねー。ポン聴も残るし。

とかなんとか余計なことを考えながら麻雀を打ってます。
編集 / 2009.09.27 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
どっからどこまで
カテゴリ: 麻雀
どこらへんまでが当たり前の負けの範囲だと思いますか?

例えば東風3連続ラス。ちょっとつかなければそれくらい普通にあると思うんですよ。

ましてや相手のほうが雀力が高かったり自分がミスをすればなおさらね。

点五の東南戦で言っても5回で10000G近くやられることだってあると思う。

もちろんそれはら「ついてない」のだとは思うけれど毎回自分ばっかつくわけじゃないでしょ?

そりゃたまにはついてないこともありますよ。

みんなつくのが当たり前だと思ってないか?

つかないときだってだれだってあるんだからさ。

ちょっと巡りが悪いくらいでふてくされたりすんなよって話なんですよ。

僕らは所詮一般の人だからね。漫画の主人公みたいに勝ち続ける、なんてことは出来ないんです。
編集 / 2009.09.20 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
昨日の配信について
カテゴリ: 雑記
昨日の配信で気になった部分を数点。


・ギャラリーを背負うと焦る

麻雀を見られたい人、見られたくない人の2種類あるとして自分は「どっちでもいいし」系だと思ってたのだがどうやら後者のようだ。
直接見られるわけではないがあとから牌譜を見られる、となると緊張してしまうw



・時間制限で焦る

10秒あれば大体大丈夫なのだが「時間が足りなくなってしまうかも」という不安から思考が鈍る傾向にあるような気がする。
もともと5秒しかなければ割り切って選択が出来るのだけれど中途半端にあるために打牌も中途半端になってるような気がする。



・ルールに特化出来てない

これは痛烈に感じた。
まぁ、最近は天鳳をまったく打ってないので多少のブレは出るだろうと思ってたがあそこまでとは、、、
ただ、ルールに合わせるのも能力なのでこれに関しては俺の雀力が低い、と言わざるを得ない。


・牌譜検討に参加出来てない
タイピングのスピードがそんなに早くないので書いてるうちに話題が次に行っちゃったりしてたんですよねー。つかみんな打つの早くね?





※おまけ※

・弱すぎじゃね?
知らんよ。

・メカゼットンは冴えないの?
ひがみ乙。

編集 / 2009.09.18 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
緊急連絡
カテゴリ: 配信
今(9/18 午前1時)ライブチューブで

「白鳥星座の天鳳配信 機械仕掛けの天鳳配信とコラボしてみた」

という企画をやっております。

白鳥星座さんと比嘉さんとメカゼットンがリスナーと対決するという企画をやっているので今まさに見ている人は是非。

リスナーから毎回(東風一ゲームごと)一人打ち手を募集して打っているので天鳳のIDを持ってる人は参加も出来るよ!!

あんまり人が来ないと泣いちゃうよ!!
編集 / 2009.09.18 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
鳴かないのか鳴けないのか
カテゴリ: 麻雀

片和了り
鳴きますか?

まぁ、鳴かないですね。と思ってたらポンをしたというお話なんですが。

これ配信中のマイケルの手牌なんですよ。その場ではそれほど語らなかったんですが配信後に2時間くらいこれ一つでワイワイキャッキャしてました。

マイケルの意見としては

・瞬間の12000は偉い

・スルーして7pが入っても一枚切れの2pとドラの北のシャボでは和了り率がかなり低い。

・裏目の7p引きでも打北で5800聴牌に移行出来る。

ということから鳴くらしい。

僕は鳴かないですねー。まぁ、鳴けないという感じなのかもしれませんがね。

話をしてて「鳴かねーよ」から「俺は鳴かないなあ、、、」くらいに意見は変わりはしたんですがやっぱ鳴く方が有利とは思えないんですよねー。

頭が固いのか?
編集 / 2009.09.16 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
思いつき配信告知
カテゴリ: 配信
ふと思い立ったので配信をしようと思います。

本日9/15日21時30分から。

「理牌なしで打ってみよう」配信をします。


ルールとしては

・理牌しない(ツモって来た牌は動かさない)
・配牌が配られた時点である程度バラバラに並び替える。

という感じ。

麻雀の話をしていていつも思うのですがどうも僕は頭の中で牌姿を描くことが出来ないんですね。

「~って牌姿でさー」
って言われてもわからないので紙に書いてもらったりするんですよ。

なのでちょっとトレーニングも兼ねてこういう企画をやってみようと思います。
編集 / 2009.09.15 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
集中力と自己管理
カテゴリ: 麻雀
しょーもないカンをしました。

まぁ、和了れたんですけどそんなのはどうでもいい。

少し考えればカンしないほうがいいってすぐわかりそうな形ではあったんだけども。

集中してないってことなのかな?

でも集中しようがしまいが成績ってそんなに変わらないと思うんですよ。

もちろん麻雀は小さなことの積み重ねではあるんだけど極端な例を出せば

234s12233p4588mでいくらぼーっとしてても1ー4pや3-6mをチーとかはしないと思うんですよ。

それは明らかに「損な行為という認識が瞬間で出来るから」。

基礎雀力に依存している部分、ということですかね。

結局どんな理由があれ誤った判断をしてしまうということは「本人の雀力の中で優劣が明確につけることが出来ていない」だけでしょ?

それを疲労や集中力のせいにするのはいかがなものかと思うわけですよ。

結局その判断を下しているのは自分だしね。

そういった意味で集中力とかあんま関係ないと思うんですね。

ほんとに疲労や眠気で麻雀どころじゃないならやめればいいしw

それはもはや雀力ではなく自己管理能力の問題ですよ。
編集 / 2009.09.13 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
麻雀?何それ?おいしいの?
カテゴリ: 麻雀
ジェネレーション・エクスというゲームをやっています。

こういう系統(ウィズ系)のゲームはわりと好きなんです。

最近完結編である3が出たのにまだ1をやってるんですがねw

無頼堂

うちのパーティーの無頼堂君。

結構似てんじゃねww

とりあえず1のラスボスらしき敵は倒したのでクリア後のおまけ要素をある程度やったら2をやろうかと思います。この手のゲームはガチガチにやりこむと時間が足りなさそうだしね。

ということで当分天鳳はやりそうにないですw

なので今後はお店での出来事や麻雀の考え方なんかをチョコチョコ書く感じになりそうです。

まぁ、すでにそんな感じなんだがw
編集 / 2009.09.10 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
警察密着24時
カテゴリ: 麻雀
なんかそんな感じのテレビ番組があるじゃないですか。

それで警察の人が「覚せい剤を持ってるかどうかは職質したら大体わかる」と言っていたんですね。

まぁ、僕は「わかるわけねーじゃん。どうせそういうのをやらせないために作ってるんでしょ?」と思ってたんだけど。

挙動とかでなんとなーくわかるというのはありそうだな、と思うんですね。うん。いまなら信じられるな。

ダマテンもなんとなーくわかることがあるじゃないですか。

切りだしとか雰囲気とかでさ。絶対張ってる!!って確信をもてるのは限られた状況でしかないけどなんとなく張ってんじゃないかなー、あるいは聴牌しててもおかしくないなーと思うことは多々あるわけで。

そういうことなんだろーな、と思います。

編集 / 2009.09.06 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
告知
カテゴリ: 配信
えー配信をします。

22時30分からですかね。

最近お店の成績が全然駄目なので新しいIDで東南を打ち自分の打ち方を見直そう、という感じの配信でします。

新しいIDなんで一般卓になってしまうのでそういうのがイヤな人は避けたほうがよいかと思います。

あくまでお店の本走のバランスを取り戻そう、というのが趣旨なので。

そして一般卓で打つのでいろんな人がいると思います。

目的が勝利ではない人、単なる時間つぶしの人、雀力の高くない人、様々な人が様々な目的で打っていると思うので同卓者に関する過剰な批判は避けてください。

まぁ、見てくれる人がいればの話なんですがw
編集 / 2009.09.04 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
競技者としての価値観
カテゴリ: 麻雀
1次予選
2次予選
3次予選
準々決勝
準決勝
決勝

というような大会があるとしましょうか。

1位が賞金50万と次回の決勝シード。
2位が賞金5万と準決勝シード
3着が次回2次予選まで免除。
4着は1次予選免除。
(全部てきとー設定。)

そんな大会の決勝卓のオーラス。上位二人が2000点圏内で争っている。

自分はトータル3着とは5100差のトータルラス。

で2巡目にこんな手が入る。

111456④⑤⑥四五中中北のドラ5。

これ聴牌とりますか?取るならリーチを打ちますか?さらにリーチorダマにかかわらず上位二人から出た場合和了りますか?

僕はこういうの和了るべきだと思ってたんですね。

和了るべきっていうか、「それぞれが目的に向けて最善を尽くすべき」という感じ。

その結果他者がどうなろうとも関係なくね?という思考だった。

でもね。最近は和了らない、と思うんですよ。というか聴牌を取らないまである。特にリーチで上位2名から安目出和了りで裏のらずで終了とか最悪だ。

もちろんそこでリーチを打つこと、リーチを打ったのちに巡目が深くなった場合に裏に賭けて安目でも出和了りすることというのは対局者の権利だと思うし咎められるべきことではないのだと思う。

でもさ。これって皆が優勝を目指しているはずなんですよ。

大会(タイトル戦)の決勝戦が始まるときに「よーし出来る限り上の順位を目指すぞー」なんて誰も思ってないでしょ?ほとんどの対局者が「優勝」を目指している。

その勝負のなかで優勝に関係のない人間の選択で優勝が決まってしまう、というのは疑問を感じるんですね。

優勝の可能性を追ったうえで、というのならまだ納得も出来るのだが、、、、

例えばね、これリーチして上位二人から安目で和了ったとして僕は多分その選択を認めることが出来ないと思うんですよ。裏のあるなしに関わらずね。

「タイトル戦の決勝でアガラスになる可能性のある和了りで優勝者を決める」という行為は僕の価値観では認めることは難しい。

もちろん和了ることもアリだとは思うのだが俺にはおそらく出来ないし、誤解を恐れずに言えば勝負を冒涜しているような気さえする。

「俺は たとえ勝つにしろ 負けるにしろ 赤木しげるとして勝ち 負けたいのだ」

ということです。

ただの奇麗事かもしれないですがね。

あ、あと明日の夜配信をするかも。

テンション次第ですが今のところ結構やる気。

やるなら22時からやると思うのでお暇なら是非。
編集 / 2009.09.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
状況とか加味する
カテゴリ: 麻雀
東風戦のラス前でラス目。

てちょっと遠いのだけれど混一を目指して鳴いてみる。

そこでふと気づく。

「上家がトップ目だw」

ということでほとんど索子が鳴けずに終了。

まぁ、それでも鳴けることもあるでしょう。

しかしこれは「鳴けないことが多い」ケースだと思うんですよ。

もちろんそれでも仕上げられそうとかならいいんですけどそもそも遠い仕掛け。

同巡に合わせられた牌を鳴くことは出来ると思うがトップ目としてはラス目の染め手なんかに放銃はしたくないのでどんどん鳴ける、ということは少ないだろう。

もちろん手が入っていれば鳴けることもあるだろうがそれは裏を返せば「手が入っていなければ鳴けない」と同意義だ。

「でも手が入っているかどうかはわからないんだから鳴くべき手は鳴いたほうがいい」という考えもあるだろうがそれは少し甘いと思う。

とか小賢しいことを無駄に考えてるから負けんのかねー?

ということで8月は過去ワーストの勢いで圧敗しました。

9月は頑張りましょうかね。
編集 / 2009.09.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。