FC2ブログ
序盤のポン聴
カテゴリ: 麻雀
なかなーい


ゼットン「鳴かないよ。うん。鳴かない。」

バルタン「まだ何も言ってないですけどw」

ゼットン「ここで2000点増やしてもあんまり有利じゃないだろ?せっかくこれだけ形がいいのなら門前でいけると思うし序盤なら東2枚スルーしてもいいくらいだな!!」

バルタン「そんなに一気にまくしたてないでくださいよw何でそんなにムキになってるんですか?」

ゼットン「なっ!!ムキになんかなってねーし!!『フリーではスルーするけど天鳳ではどうなんだろーな。でもやっぱ鳴かないよな。』って思ってたのについついポン聴取ったりしてねーし!!そのあと『まぁ、3p引けば3900になるし悪くないよな。うん。悪くない。むしろ天鳳的にはあってるはずだ。そうに違いない』とか自分に言い訳してねーし!!」

バルタン「つまり『鳴かない方がいいと思ってた』のに鳴いたんですね?」

ゼットン「、、、、、はい。」

バルタン「別に悪いわけじゃないじゃないですかw意思は弱いと思いますけど。」

ゼットン「まぁ、なんというか、、、まぁ、ここで2000点とるのはそんなに有利ではないと思うんだよね。ラス前とかならオーラスに2着以上になっておきたい、ってのもあるし意味は大きいと思うんだけどさ。多分こんなのすぐ好形リーチとか打てんじゃん?」

バルタン「まぁ、ここでの2000点のアドバンテージに大きな意味はなさそうですね。まだ守りに入る段階ではないでしょうし。」

ゼットン「うん。どうせ次局手が入れば勝負には行くし、ここでの2000を守りきって得するケースってそんなになさそうじゃない?」

バルタン「でも他家の手は潰せますよ?」

ゼットン「それはあるな。ここで鳴くのは加点よりそっちの意味合いが強いような気がする。でも自分の満貫チャンスを消してまでやることかい?って思うんだ。」

バルタン「なんか鳴いた人が鳴かない方がいいと思う理由を解説するってのは滑稽ですねw」

ゼットン「だから鳴いてないふりしてごまかそうとしたのにお前がバラすから、、、、」

バルタン「いや、どうせ態度でバレバレですよw」
スポンサーサイト



編集 / 2009.10.31 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
目指すもの
カテゴリ: 麻雀
ゼットン「東一局序盤(5巡目)のドラなし一一三七七九九①②③④468から打一!!」

バルタン「一切ったんですか?」

ゼットン「俺じゃねーけどな。うちの学生バイトがこれ切ってた。」

バルタン「で、それがどうしたんですか?」

ゼットン「切らなくね?」

バルタン「そうなんですか?じゃああなたは何を切るんですか?」

ゼットン「8切る。一応さ、俺の考えるこの手牌のMAXは一一七七八八九九①②③④⑤なのね。」

バルタン「厳しそうではありますね。」

ゼットン「あくまで理想だからな。現実は一一七七八九九456とかになればいい方だと思うけど。」

バルタン「まぁ、そんなところでしょう。」

ゼットン「いずれにしても現状で一はアタマ候補なんですよ。特に一盃口を見た場合にさ。まぁ、あっさり崩れることも多々あると思うんだけども。」

バルタン「アタマとかいくらでも作れるでしょ?それに受け入れだけなら損な選択ではないですよね。むしろあなたの選択より受け入れは多いしです。」

ゼットン「瞬間の受け入れはな。でもこの程度の手牌ならある程度の理想を追った方がいいと思うんだ。1300の愚形リーチのための最短手順をふんだってさぁ、、」

バルタン「まぁ、何巡目にどんなリーチが打てるんだよって気はしますね。」

ゼットン「それに七対子もあるしな。」

バルタン「七対子?この手を七対子にするんですか?」

ゼットン「そんなに追うわけじゃないけどな。どうせ遅い1300愚形程度の手なら順子手としての最速の手順だけより七対子の目を残しておいた方がよくね?」

バルタン「中張牌だらけのこの手牌で七対子は微妙じゃないですかね?」

ゼットン「これは好みもあるからな。実際この手牌に関してベストの手順はよくわからん。」

バルタン「まぁ、こんだけグチャグチャならどれ切ってもいいんじゃないですか?どうせ和了れないだろうし」

ゼットン「夢がないなぁ、、、おまえは。」

バルタン「あなたには言われたくないですねw」
編集 / 2009.10.30 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
差し込に行く?
カテゴリ: 麻雀
ゼットン「これ見て。」

刺しますか?刺しませんか?



バルタン「はい。」

ゼットン「打1mとしたんだけど。」

バルタン「普通ですね。」

ゼットン「5pの方がいい?」

バルタン「、、、、下家に打ちにいくってことですか?」

ゼットン「そうそう。まぁ、結局当たらないんだけどさ。」

バルタン「それもいいかもしれませんね。」

ゼットン「序盤の切りから混一はたぶんない。ただ3pが速いからドラ暗刻のケースはあるかもしれん。」

バルタン「打っていいのは3900までですからね。」

ゼットン「まぁ、8000打っても2着にはなるからいいっちゃいいんだろうけどさ。」

バルタン「でも手牌的には自然な一打ではないですよね。」

ゼットン「まぁな。でもこの時点で考えることは『和了って終わらせよう』ということだろ?その本質は『逆転されずに終わること。』これが本質だ。『和了ること』は手段でしかない。『目的』ではなく『手段』。」

バルタン「なんかよくわからないですね、、、」

ゼットン「えーっとな。簡単に言うと『目的のために手段を選ぶ必要はない』ということだ。この場面では和了りも下家に3900以下の差し込みをすることも同様の価値がある。」

バルタン「それならわかります。最初からそう言ってください。」

ゼットン「なんで俺が怒られてんだよwそのために5p切った方がいいのかなーって。それでダメなら次マンズとかねー。」

バルタン「うーん。どうなんでしょうね?満貫あったら吐きそうじゃないですか?」

ゼットン「まぁ、満貫のケースはそんなにないだろ。点棒的に下家は満貫の意味がほとんどないから意識的に打点を作りにはこないだろうし。ここで満貫ある可能性と満貫の可能性を考慮して絞ってる間に対面に逆転手を和了られる可能性とのバランスを考えると差しにいってもいいんじゃないか?という話だしね。」

バルタン「5pの後マンズ連打とかだと自分の和了りは破棄することになりますけど?」

ゼットン「それは問題ないだろ。『自分が和了りの可能性』<『下家の和了りの可能性』と判断してそれを成立しやすくさせるわけだからさ。大体俺はこういう局面では放銃してもいいし和了れるならそれでいい、と自然に手を進めるんだけど下家の方が速そうだしさすがに差し込みの方が早いかなーと思いながら1mを切ったわけですよ。」

バルタン「結局打1mですかw」

ゼットン「俺は全局自分が1/4だと思ってるからな。ずっと俺のターン!!」

バルタン「だから視野が狭いって言われるんですよw」
編集 / 2009.10.29 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
打たれやすさ
カテゴリ: 麻雀
ゼットン「この前さー。『誰も使えないだろうしリーチ!!でも和了れませんでした、、、ついてない。』みたいなのを読んだんだけど。」

バルタン「はい。」

ゼットン「なんかさー違うくね?って思うんだ。使えない→場に打たれるってのはさ、リーチしてしまうと成り立たないよね」

バルタン「また昔の記事の焼き増しのネタですか、、、、」

ゼットン「過去にこだわるのはよくないぞ。」

バルタン「ハイハイ。じゃあ初見な感じでやりますか?」

ゼットン「そういうこと。で、リーチをした場合重要になってくるのが自分の河だ。」

バルタン「はい。」

ゼットン「ダマ聴であれば、というか相手が自分の都合で打っている場合場に打たれるのは相手が不要な牌で間違いないと思う。」

バルタン「基本的には皆和了りを目指すでしょうからね。」

ゼットン「そう。しかしリーチをすると相手は攻撃から守備に移行するわけなので、、、」

バルタン「相手が不要だから切られやすいわけではなくなる、ということですね。」

ゼットン「うん。例えば13333の2待ち。こんな2なんて相当使いにくくて場に打たれやすいからダマ聴なら結構和了れると思う。」

バルタン「孤立しやすいっていうか孤立しかしないですしね。相手の手がまとまれば12のターツから払われることもあるでしょうし。」

ゼットン「例えばだ。一北中東②八89発⑥の捨牌でリーチ。まぁ、適当なんで細かい牌理は無視な。これに対し2-5なんて別に通りやすいわけじゃないだろ?そうなると2ってのは打たれにくくなるわけだ。」

バルタン「なるほど。」

ゼットン「相手の河に関しても同じことだ。相手の河を見る限り打たれそうでもこちらがリーチとくれば相手は自分の都合だけでは打たなくなる。こうなると場に打たれる理由としては『自分にとって不要である』という理由で切られることが減り『リーチに対して安全か?』という理由が大きなウェイトを占めることになる」

バルタン「でもみんな不要ってことは山にあるってことじゃないですか。」

ゼットン「まぁな。でも4人で山をめくるのと一人でめくるのでは大違いだろ?」

バルタン「なるほどー。だったらあなたも手なりばっかりだけじゃなくてもう少し場に打たれやすそうなリーチをかけたらどうですか?」

ゼットン「いーんだよ。俺は。『張った形が最終形』派だからな。」

バルタン「頭でわかっていても実行出来ないなら意味ないと思いますけどね。」
編集 / 2009.10.28 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析