スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
蒼き伝説 メカゼットン
カテゴリ: 麻雀
僕は鳳東では門前寄りのバランスだと思う。副露率も350付近しかないしリーチ率も2割付近。

それで勝ちこせないのはやはり速度に問題があるからではないか?という疑問が沸くのは必然だ。

そして必然的に速度を上げるように意識していく。

ポンしない


おそらく門前ではキツイだろう。なので4pをポンして索子を伸ばして2面子作るか筒子の上を処理して1面子でここまでで3面子1雀頭。あとは萬子にくっつけて1面子で完成。

という思考で最近は打っていた。


でもね、違うんだ。そうじゃないんだよ。

僕は確かにラス率も高いがトップ率もそれなりに高い。

『一回ラスを引いても2回トップを取ればいい。確かにラスを引かなければいいがいつまでもそれが出来るわけじゃない。それならラスを怖がるより取れるトップを取りこぼさないようにしていこう。」

俺はそういうスタンスで打っていたはずだ。

こういう手を鳴いて2000点で上がることの重要性は分かっている。(局面は別として。)

でもそれには仕掛けた後の押し返しに対する守備などの要素が絡んでくる。

僕の技術では2000点の聴牌になったところでタンヤオ牌ばっかりだから守れなくてダラダラと押してしまうことがほとんどだろう。

それならこういう手は最悪降りでいい。大事なのは一撃で追いつける距離を保つことだ。

やりすぎ


これは明らかにやりすぎ(放銃してラス目でオーラスとかマジペレストロイカ)なんだけど東一局や東二局でこのリーチが打てること。それが俺の長所のはずだ。

欠点を補うことで長所を殺してしまうならその欠点は受け入れよう。

そして欠点を凌駕するほどに長所を伸ばせばいい。
スポンサーサイト
編集 / 2011.10.25 / コメント: 8 / トラックバック: 0 / PageTop↑
鳳東レンジャー
カテゴリ: 麻雀
新生鳳東レンジャー


ロリ肉レッド・・・鳳東レンジャーのリーダー。エキセントリック副露を武器に闘う。

先生ブラック・・・切り込み隊長。不調を飲み込む圧倒的な打数が持ち味。

シミリスピンク・・・紅一点。深夜に活動すると肌が荒れますよ。

ふおんイエロー・・・頭脳派。知的なツイートは見る者を魅了する。

ゼットンブルー・・・賑やかし。



初代が壊滅したため2代目鳳東レンジャーが結成されました。

ちなみに誰一人許可はとってません。
誰か鳳東レンジャーの卓画作って。
編集 / 2011.10.21 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
十段戦視聴感想
カテゴリ: 麻雀
各
編集 / 2011.10.12 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
M・Z・S
カテゴリ: 麻雀
M・Z・S(メカゼットンシステム)
IDを二つ用意し常に段位が低い方を打つ、同段位の場合はptの少ない方を打つというシステム。


完全に来た。閃いた。

これにより俺のサクセスへの道はほぼ確約されたと言ってもいい。

それゲンドウシステムのパクリじゃね?と思う人もいるだろうがそれは違う。

確かにM・Z・Sはゲンドウシステムに多大な影響を受けてはいるが微妙に違う。ゲンドウシステムの指標はRでこっちはptだ。明らかに違う。完全に別物。どう考えてもセーフ。

プレイヤーの性格とは様々だ。負けることにより反骨心を呼びさましより鬼打ちへとつなげるプレイヤーもいるだろうが皆がそうであるわけではない。

勝ちたければ打つしかないがしかし打てば負けるかもしれない。そういう気持ちからどうしても打数が伸び悩むタイプの人間だって数多くいるのだ。

本来、人の性格に優劣などないがしかし負けることを恐れない鬼打ち勢に対して保守的なタイプはどうしても打数で遅れを取ってしまう。

それを改善するのがこの『M・Z・S』だ。

このシステムを使えば失うことを恐れる必要はない。常に自分の最高の結果は維持したままより高みを目指せるのだ。

みんなでいこうぜ!!ピリオドの向こうに!!
編集 / 2011.10.09 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

実況動画もやっています

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。