天鳳の対局開始のカチカチ音のやる気を奪う感じ異常
カテゴリ: 麻雀
あんまり打ってません。

試合開始のカチカチ音を聞くと体調が悪くなる病気にかかりました。完治までしばらくかかりそうです。

なので最近はツイッターで打ってないから落ちてないだけなのに鉄板鳳凰民みたいなオーラを出しながら議論に参加する役をやっています。ああ忙しい。

さらにそこで得た知識やカッコイイ表現をリアルの知人の前でさも自分が思いついたかのように口にする係もやってます。ああ忙しい。


MZSの進行具合は   メカゼットン 七段 1975pt R2138
               メカバルタン 七段 1580pt R2075
               メカ秀仁   新人   0pt R1500


となっています。バルタンが800ptまで落ちたもののなんとなーく持ち直してきました。

※MZSについてはこちら

内容が全然ないんで最後にファンタスティックヌル放銃の画像でも張っておきます。
ファンタスティック 


来年から本気出す。
スポンサーサイト
編集 / 2011.11.25 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2代目メカバルタン募集
カテゴリ: 麻雀
概要

2代目メカバルタン(ID名→2代目ばるたん)としてメカ一族に入るだけの簡単なお仕事です。

主な活動内容は

・2代目ばるたんIDで天鳳を打つ
・配信をする(環境によっては一族の配信にスカイプで参加するだけでも構いません)
・ツイッターではしゃぐ

メカゼットンと初代メカバルタンがやさしくお出迎え!一緒に明るく楽しい一族を作ってみませんか?

活動時間に制限はありません。自分の空いてる時間で自由に活動!!

その他特典としてメカ一族座談会参加権やメカ一族合同牌譜検討への参加も出来ます。やったことないけど。

希望の方や質問がある方はツイッターのDMかコメント欄へ。

補足事項:スカイプ必須。女性優遇。ツイッターやSNSの名前は変更してもらう場合があります。あとわりと本気。
編集 / 2011.11.07 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
特上安定技術論
カテゴリ: 麻雀
ゼットン「メカゼットンと!!」

バルタン「え?え?」

ゼットン「メカゼットンと!!(怒)」

バルタン「え?メカバルタンの?ってことですか?」

ゼットン「特上安定技術論!!」

バルタン「あ、はい。」

ゼットン「合わせろよ!!素人かよ!!」

バルタン「いや、いきなり言われても、、、」

ゼットン「アドリブの効かない奴め、、、」

バルタン「むしろ合わせられる人いるんですか、、、」

ゼットン「と言うことでね、特上安定技術論、略して『特安』のコーナーなわけですけども。」

バルタン「なんか現代麻雀技術論(現麻)みたいですねw」

ゼットン「まぁ、参考にしたからね。」

バルタン「またパクッたんですかw」

ゼットン「パクッてねーよ。マネしただけだよ。」

バルタン「全然フォローになってないですけどw」

ゼットン「ということでこの牌姿から何を切る!!」

その1


バルタン「6mですかね。普通に。」

ゼットン「正解!!理由は?」

バルタン「えーっと、改めて言葉にしろと言われると難しいですねw」

ゼットン「簡単に言うと『弱いところは厚く持つ』ってことだよね。マンズの両面は強いので形を確定させておいて弱い愚形部分を埋まりやすいように厚く持つ、という。」

バルタン「そうですね。そういうことですね。最終形の形のよさと受け入れ枚数を考慮する、って感じですかね。」

ゼットン「あんまり難しい言葉を使うなよ。難しいことを簡単に言うのが教える技術なんだから。」

バルタン「いや、そんなに難しくないと思いますけど。」

ゼットン「せい!!」

その2


バルタン「さっきとほとんど同じですね。5sが3pに変わっただけですか。」

ゼットン「そう。これだと何切る?」

バルタン「これだと3p切ってもよさそうに見えますね。」

ゼットン「まぁ、直接的には3pっていらないからね。でもさ。やっぱ麻雀の基本は両面じゃん。最終形が3sと8pのシャボでもいいんだけどさ出来れば両面にしたいじゃん。」

バルタン「そうですね。シャボ受けの部分も狙えそうな8pが一枚見えちゃうと途端に苦しくなりそうですし。」

ゼットン「だからマンズの縦引きの聴牌は逃しちゃうけど3pを残してもいいと思うんだよね。打6mとしておいてここに2pか4pを引けば両面×2の一向聴になってさらに形がよくなるからさ。」

バルタン「なんかロスが多いような、、、」

ゼットン「うん。まぁ、デメリットはあるよね。瞬間の受け入れが減る、仮に2pか4pを引いても次の瞬間に余剰牌が出てしまうっていうのはある。」

バルタン「そうですね。その辺が目につきますね。」

ゼットン「でも全ての面においてメリットのある選択ってのはなかなかないからさ。ただここでの3pは『弱い部分をフォローする牌』であるって認識をしてほしい。直接的ではないにしろこの3pにはそういう意味合いがある。」

バルタン「何を切るにしてもその牌の意味を考えるのは大事ですよね。」

ゼットン「うん。これを文章化すると『愚形ターツがある場合は浮いてる中張牌(3~7)も未来のターツ候補として扱う』って感じかな。」

バルタン「でもこのスピード全盛期にそんなに好形にこだわる意味ってあるんですかね?さっさとリーチを打つ方が強いんじゃないですか?」

ゼットン「あくまで基本の話だからね。なんだかんだ言ってもリーチは両面が基本だからそれをなるべく作ってリーチするためにはどうすればいいかっていうさ。もちろん、状況ありきなんだけど基本的にはスピードと好形聴牌のバランスを取りながらだから。見た目の受け入れ枚数は数えればわかるけど好形チャンスを見る手順ってのは覚えないとだし。」

バルタン「ところでなんで急にこんなことを始めたんですか?」

ゼットン「いや、そのうちまとめて有料メルマガにしようと思って。」

バルタン「でもここに書いてたらみんなわざわざお金出さないですよね?」

ゼットン「じゃあ俺の好きな歌ランキングとかお勧めの旅行スポットとかそういうのも乗せる!!」

バルタン「もっといらないw」




有料メルマガでも読むよ!!って人はマウスで顔文字をなでなで→ヽ(。_゚)ノ
編集 / 2011.11.03 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
特上安定講座
カテゴリ: 麻雀
不定期コーナー「安定特上民講座」

基礎2 - コピー

どうしますか?親のピンフドラ一の両面×2のシャンテンから対面のリーチ(麻雀にイッツーはない)。

で、これ押しちゃダメなんですけどなんで押しちゃダメかっていう話で。

これね、まず9pを打つじゃないですか。その9pが危険。そのあとに7mか8mを打つことになるんですけどこれも危険。

つまり現状では危険牌を2枚押すことが確定されてる。

これって結構キツイでしょ?

「9pを通す→両面を埋める→マンズの危険牌を通す→めくりあいで勝つ」とここからリターンを得るには結構なステップを越えなければいけない。

ここで9pを打つということは将来的にマンズも打つという前提なわけです。つまりここでの9pの危険度っていうのはマンズの危険度も内包しているわけです。

なのでシャンテン押しをする時は現状切る牌の危険度だけでなくのちに切る牌の危険度も考慮したうえで押しましょう、というお話。



好評だったら有料メルマガにしようかな(*´ω`*)
編集 / 2011.11.02 / コメント: 7 / トラックバック: 1 / PageTop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

実況動画もやっています

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析