スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
目なし問題における麻雀プレイヤーとシステム構築
カテゴリ: 麻雀
麻雀の大会でよく問題視される「目なし問題」。これを解決すべくとRMUで試験的に新システムが導入されることになったそうです。


1.新決勝方式開始時の規定 場決め、親決めは、通常通り 2回戦までのトータルポイントを点棒に置き換えて、各自の点箱に入れる なお、4位のポイントを0点に置き換え、その差の点棒を入れる場合もある

2.場所決め、局の規定 全局を東1局とし、南入やオーラスといった概念はない 新決勝方式では5局消化毎に、場替えを行う

3.順位点の規定 この新決勝方式は、オーラスの規定がないことから、着順という概念がない そのため、順位点は存在しない

4.新決勝方式終了規定 ・アガった人がトータルスコアトップになった場合、終了 ・それ以外の場合は、すべて続行する

5.親の規定 ・開局時は、通常通りの親決め規定に則る ・2局目以降は、アガった人が親番になる

6.流局時の規定 親がノーテンなら親流れ テンパイ者の中から、親に近い方が次の親となる よって全員ノーテンのときは親に一番近い南家が次の親となる

7.成績管理の規定 新決勝方式の部分は成績管理対象外

という感じ。

平たくいうと半荘10回なら10回やって終わった時点の持ち点を持ちこしてトップ者が和了るまで、あるいは誰かがトップをまくるまで一局勝負のエクストララウンドをやるというVゴールみたいなシステム。

パッと見かなりよさそうに思います。これなら最後まで目的がなくなる人がいなくなりますしね。

以前から思っていたんですがこういうことはもっとやっていかなければならないことだと思います。
単純に「目なし問題」がどうこうという話ではなくて今の麻雀団体は「プレイヤ―」に対して多くを求めすぎではないかと。

現行のシステムがあまりよくないことは大勢の人が気付いていたと思います。でも今まではそれをプレイヤーに任せていた。結果としてトータルラス目が現実的ではない役満クラスを狙いまくったり自分を捨てて鳴かれないように和了られないようにしてみたり。それによって良くも悪くもドラマが生まれたこともありました。このへんの問題をプレイヤーに任せるのはおかしいと思うんですよね。

麻雀団体としてプレイヤーとしてではない立場から団体を支える人間は必要だと思います。優秀なプレイヤーはただ素晴らしい麻雀を打つことに集中する、そしてその素晴らしを知る人間がそれを伝えるためのプロモーションやそれを発揮できるシステム構築をする。そういう分業はもっとしてくことでよりよい方向へ進むんではないかと思います。


それはそれとして新しい動画もあがってます(*´ω`*)ノ
スポンサーサイト
編集 / 2016.01.16 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
聴牌付近手組みメモその1
カテゴリ: 麻雀
最近リーチ判断とそれを踏まえた上での聴牌付近手組みの見直しをしてるのでそれのまとめ的なものを。
まずいリーチを打たないことも大事だけどそもそもそういう手組みにしないことも大事。


20161101.jpg

素直に打7m。好形を求めるなら打8pにして7m残しもあり。
しかし3-6pでひとつ。索子の一盃口部分で二つ。索子の上で一つ、ピンズの上でヘッドと考えると7mにくっついても結局ターツオーバーになるので素直にダイレクトのペン7pを残した。

2016102.jpg

オーラス。先制リーチした場合、ラスのない対面の親のおっかけとラス目追いかけが怖い。二か所まずいところがあるので基本的にリーチはしたくないので極力役あり聴牌を目指す場面。
選択肢としてはタンヤオを見た打9m、6-9s埋まりの場合やや和了りやすいシャボが残る打4p。そしておそらくオーソドックスである打2p。

まず打9mでタンヤオを見る選択肢だが役あり好形聴牌がないので却下。食い仕掛けもあるが入りやすいポンから入った場合片上がりになってしまうので不安定。

続いて打4p。僕はこれが好み。6-9s、2pと9mのシャボどちらが残ってもダイレクトにリーチが打ちやすいのがメリット。ただし今回は極力リーチを打ちたくない。役なし両面であればまだいいが愚形リーチはかなり打ちにくいのでこの選択肢のメリットが生かしにくい。

打2pだと打4pに比べその後にツモ5p→打2pでより万全な形への変化が残る。というかフラットでもこっちの方が強いのかもしれない。あまりないがその後ツモ8pでリャンカン変化で役ありになりやすくなるかもしれない。シャボリーへの魅力次第でこれを使い分ける感じか。

20161103.jpg

打5p残してくっつきをみるのはやややりすぎ感がある。単独孤立の浮牌は強くない。5p残しは愚形を厚く持つ意味合いもあるが赤5pを切っていれば8pも狙えるのでシャボでも十分。

20161104.jpg

最速ペン3sがそこまで取りたいわけではないし巡目的な余裕もあるのでこれは打7s好形を厚く持って愚形聴牌しやすくするべき状況ではない。愚形を厚く持つ。

20161104の2

その後。タンヤオ変化や両面変化など変化が十分あったのでダマでよかった。この瞬間に「リーチをしていても6mが切られていたのにリーチしなかったことで和了りを逃す」というケースはかなり少ないはず。ダマで6mを打たれてもリーチをしていると出てないケースが大多数。


20161105.jpg

9mをもっておくと5mか8mを引いたときにリャンカンの選択肢が残る。北が早々に切れた場合の保険として残しておくべき。

20161106.jpg

9pが切れているので打7pの方がよかったかも。2sや6p引きよりは4m周りのくっつきの方が分がいい。7pを切ってもそれらが無駄になるわけではないし。

20161107.jpg

聴牌からその後のイメージ。ツモ4pなら打7p。和了り率はある程度下がるが打点で補う。2000点よりは3900が欲しい点数状況というのもある。ただ6sポンからのノベタンへの受け変えはしない。聴牌枚数と守備力を減らすことに見合うほどの魅力は4-7pノベタンにはない。6sポンだとツモって1300・2600まで伸びるが確定してないというのがネック。

20161108の1

西ポンで軽く流したい局面。西はポンする予定で進めるので西で1メンツ、ピンズで一メンツ、索子の下で2メンツの構想。ただ索子の下で2メンツのいうのはあくまでイメージ。それまでに5mが入ればマンズと索子でひとつずつになるし6sにくっつけば索子は234と上で2メンツというパターンもある。となるとマンズも6sも外しにくい。ということで7pが入ってもヘッドがなくなってしまう9pを外す。瞬間西がヘッド候補にはなるが西はあくまで面子候補なのでこれを頭にする手順はあまり取りたくない。西がオタ風であればペン7pはうれしい牌なので孤立浮牌の打6sが妥当か。

20161108no2.jpg

ピンフよりは西ポンを残す。残り一枚でもやはり字牌は強い。両面から埋まってもこちらのほうが曲げやすい。
編集 / 2016.01.10 / コメント: 9 / トラックバック: 0 / PageTop↑
2016年ブログ雑感とセンスについて
カテゴリ: 麻雀
明けましておめでットンwwwwwwww

おめでとうとメカゼットンをかけましたwwwwwwwwww

あっなんかすいません。

2016年が始まったわけですがみなさんいかがお過ごしでしょうか?僕は一日で700pt減って非常に不愉快に過ごしております。

さて、突然ですが今年はブログでは麻雀の打牌の話はあまりしなくなると思います。そういうのはツイッターの方が向いてるのかなと。ブログに何かを書いてもそのURLを張ったツイッターにコメントもらうこともありますしそもそもブログでやらずともツイッターで事足りることがほとんど。となるとわざわざ手間をかけてまでブログでやることにあまり意味がないような気がしてきています。書き手も読み手もツイッターの方が都合いいかなと。

ただすべてにおいてツイッターが勝ってるわけではないですしブログという媒体が勝ってる部分ももちろんあるのでブログは残しておきます。忘れられないようになるべく更新はしていこうと思いますw

えーとですね。今日は「センス」について

今朝天鳳位の就活生さんが書いているブログを読みましたというツイートを見てブログに飛んだわけですが

就活生さんブログ

「センスがどうのこうのという話題があって」という入り方でそんな話あったっけ?と思ったら完全に去年の記事でしたw

まぁせっかくなんで僕なりの意見をちょっと書いてみます。

センスっていうのはまぁ1を聞くだけで10まで拡大して理解したり覚えたことをすぐ実践できるようになったりとかそういうことですかね。

麻雀強い人に「あなたはセンスがありますか?」と聞くとおおよそ「そうでもない」という答えが返ってきそうなきがします。

それは実際のところセンスの有無ではなく「自分が努力してきたことに自負がありそれをセンスの一言で片づけてほしくない」という気持ちからきているような気がします。

こんな辺境の地で麻雀ブログを読んでいる人なら分かると思いますが麻雀ってある程度のラインを超えるとほんと微差のゲームなんですよね。そこを詰めるためには相当の努力や勉強がいる上にそれで得られるものってほんのわずかでしかない。

そうやって得たものを「センス」の一言で片づけられるのはまぁ悔しいじゃないですか?相手の何倍も努力したものがセンスの一言で終わる。

「じゃあ何か?俺が努力してないっていうのか?お前は努力しまくってるけどセンスがないから弱いとでも?」こんな言葉は使わないとしても辛辣に表現すればこういうことですよ。

だってセンスなんてなくても努力すればおおよその物事は上達しますからね。

麻雀もそう。大事なのは努力なんですよ。牌効率や押し引き、読み、ちょっとづつ覚えてそれを繰り返して体にしみこませてその打ち方で不調を体験してブレてを繰り返しそのうちブレ幅が小さくなって安定して、、、
そういうことの繰り返し。

そしてその先、その先に進もうとするならそこからセンスがいるんですよ。数字では表せない部分での優劣、少ない持ち時間で×の選択肢を選ばないなどですかね。

基礎がしっかりしてるからこそ辿りつける局面がありそこでたまにセンスが必要になる。麻雀におけるセンスなんてその程度のもんですよ。

むしろ麻雀というゲームはセンスがなくても知識である程度のところまで行ける分いいゲームだと思います。しかもセンスがなくてもいいところまで行ける上にセンスの言い訳もできるという好バランスになってたりもするw

まぁ要は「センスなんかなくても普通の努力をしていれば麻雀勝てるよ」って話です。

麻雀は努力が実りにくく短期で見れば努力が意味を成さないことが多すぎるゲームです。ゆえに努力をつぎ込めない人が多い。でもだからこそ努力をすることで例えそれが微差であれ人より前に出ることができる。

そう考えて日々精進するしかないのです。



ところで歌って努力したらうまくなるの?
編集 / 2016.01.04 / コメント: 8 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。