ドラ付近ターツ処理
カテゴリ: 麻雀
2017451.jpg

聴牌できる牌は全部鳴くんだけど688s部分が残ればどうしましょう?待ちとしてはカン7sよりはシャボに受けた方が和了り率は高そうではあるものの変化を見たさもある。カン7s聴牌からツモ5s6sは結構うれしいし。7mポンの聴牌なら和了り率で打6sもよさそうだけど。2sポンの場合は7mもあまり期待できないので打8sが無難かと思うけど7mポンの打6sはどれくらいありなんでしょうね?

2017452.jpg

ツモ5pで打8s。索子の上は聴牌チャンスを増やすものの残った場合の悩みが残る。和了り率に対しての考えはあるものの基本はドラを使いたいのでそれなら受け選択の悩みをなくすとともにドラを使い切れる打8sにして他の部分を強くする方向へ。一向聴を維持しながらポン聴、チー聴の可能性も残しながら筒子が伸びた場合はその時点で弱そうなところを外していきたい。ゆったり打つなら筒子にくっついての完全一向聴を目指して打7mか2sもある。

2017453.jpg

聴牌。リーチしてもいいんだけど直前に親に7s打たれてるのでちょっとダマってみる。こちらもいい待ちではないし変化もあるし親に合わせての7sも狙えなくはない。形やら期待値で脳死リーチせずにちょっと待ってみるのもいいんじゃないかと最近は思ってる。2巡くらい待って何も起こらなかったら曲げようかな。親の7sがなければ曲げてます。

2017454.jpg

と思ってったら親が仕掛け。この点棒状況だとみんな親には相当打ちたくないので現物の7sは合わせて打たれてもおかしくないのでしばらくはダマ。

2017455.jpg

結局横移動でいした。いろいろ選択肢のある局ではあったんですが優劣全然わからず、、、、
スポンサーサイト
編集 / 2017.04.05 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

実況動画もやっています

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析