スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
蛇足
カテゴリ: 麻雀
「続きは書かない」と書いたが続きは~?って知り合いに言われたので書いてみよう。

まぁ、要はね。
プロになってもやる気がなければ一緒でしょ?って話なんですよ。

俺が思うに(実際どうなのかは知らんが)タイトル戦やリーグ戦そういうものを多少でも知っている人は麻雀人口のなかでも少数だと思う。

俺は最新の大きなタイトル戦の優勝者や各団体のA、Bリーグのスコアくらいは見ることがある。
(あんま覚えてないけどw)

けれど一般の人にとってはそんなの馴染みもなければ興味もないだろう。
現に地方にいた時は全く興味なかったし周りも興味を持とうとしてなかった。
正直今だって身近であるが故に多少の興味が沸いた、くらいでしかない。

そういう世界は一般の麻雀プレイヤーにとってはどうでもいい世界だと思う。

だって

「誰々がタイトルを取った」

「誰々がAリーグにあがった」

とかどうでもよくね?

そんなことより自分の今月の調子とかのほうがよっぽど大事だから。

俺には世間が麻雀界に興味を持ってるとは思えない。

だから俺はプロ活動で得るものは「自らの探究心を満たす」ことなんだと思う。
そこには自分の外部への影響なんてほぼない。

いや、プロ活動をすることによってメリットはいろいろある―という意見もあるかもしれないがそれは都心在住の一部の麻雀マニアにとってしかメリットのあることではないと思う。

その探究心がないからやっても意味無くね?というのが俺が躊躇する理由なんですねー。



とりあえずこれいろいろ略しすぎてて誤解を招きそうなんだけどw

まぁ、読んでるやつがそんなにいるわけでもないしいいだろw

ちなみにプロ活動をやることの無意味さを論じるものではないですよ。
(そこまで曲げて読み取る人もいないと思うけど)

「何かをやる」ということに消費するエネルギーってすごいからね。

麻雀が好きでプロ活動をしよう、と思うことができ実際に行動するだけでも立派なことだと思います。

「やること」は「出来ること」より大切って考え方もあるし。
スポンサーサイト
編集 / 2008.08.31 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。