スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
脱・三段講座
カテゴリ: 麻雀
よくある

よくある話。
ヘッドを固定するかヘッドレスの両面×2の一向聴にとるか。

よくある1

まぁ、こっちかなー。これだと1-4mの8枚と5-8pが7枚で計15枚で両面リーチが打てる。それに対し打7mの

牌姿1
この形だと
2m3枚、3m3枚、6p3枚、7p3枚の計12枚で両面リーチ。聴牌枚数自体は打7mの方が多いんだけど
例えば

牌姿2
これや
牌姿3
これとかで

聴牌(*´ω`*)!!って思えるかというとびみょー。これって実質一向聴みたいなものじゃね?

意味のある聴牌(要は両面聴牌)を組める枚数は多いのは打6m(8m)の方じゃないかなと思います。



ツモったら和了れるし単騎聴牌だって意味あるよ (´・ω・`)?という意見もあると思います。もちろんそうです。それはそう。でもそれをツモってうれしいかと言われるとどうだろうか?僕は先制両面リーチが打てそうな牌姿を300・500程度の和了りにすることがそれほど有利だ思えない。ましてやその微妙な聴牌を組むために両面リーチの可能性を下げているわけですし。手が来とる時はガメらんかい!!裏目の縦引きでも6pと7mのシャボ受けが両面リーチをするために仲間になってくれているので半歩前進ではある。

ただ単純に聴牌だけを目指すのではなく最終形を意識していくとよい最終形になりやすいと思います。







あとがき

まぁ、今回は単騎の仮テンツモでも供託がいっぱいあってうれしいし索子がつながっているんで単騎もすぐノベタンくらいには変化しそうだし変化させる巡目もあるんで打7mでもいいかなw

ただ僕は『状況を加味せずフラットな状況ではどうすべきか?』という考えが結構大事だと思っています。
『こういうケースではこうすべき』という基礎知識を持っておりさらにそれを状況に応じて対応させる、といった感じ。その知識無しに毎回状況に対応しようとすると打牌がブレて成績が安定しないのでまずは状況無しの場合にどうするかを体になじませる方がいいかな。状況に対応するのは基本パターンが体に馴染んでからで十分。まぁ、この形でのヘッド固定が本当に有利かどうかは分かんないんですけどねw
スポンサーサイト
編集 / 2012.04.06 / コメント: 7 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。