リャンカン+両面形一向聴再考
カテゴリ: 麻雀
ストレートに1


選択肢としては

・打7m

・打1p

・5pカン

といったところでしょううか。

まず打7m。これは単純に瞬間の受け入れMAX。わかりやすいね。

次は打1p。
これは少しオシャレな感じ。一向聴は維持しつつ6-9mを引けば

35555p78sの形で34p&6-9sという良形×2の一向聴に変化。索子の縦引きでも聴牌出来ちゃうおまけつき。

ダイレクト聴牌は意識しつつも少し先を見据えた選択。

続いて5pカン。

これは力強い感じ。受け入れを減らし後の変化もそれほど多くないが5pカンにより2pの釣りだしを意識しつつもう一度ツモる。かなり攻撃的な選択だけど安定性には欠ける気がする。1p3pの縦引きで筒子受けを萬子受けに変えはするのだけどカン2pリーチでもどんとこい。


とまぁ、今回の局面に関してはこんな感じ。今回の牌姿はカンツがあってアレだったのでこれをもうちょっと汎用性のある物にするために555の筒子を789に変えます。

そうすると下記の牌姿。

無題


こういうの最近は7m切りがいいのかなと思っています。昔は5p切ってたんですけどね。(チャンタの可能性があるとかじゃなくてね。萬子が234でも一緒)

カン2pの布石を作りつつ筒子が縦になった時のために7mを取っておく感じ。ダイレクトの4pがロスになる代わりに1p、3p、6m、8m当たりで嬉しい変化になる。この枚数差なら瞬間の受け入れを4枚減らす価値はあるのではないか?という感じで考えてました。

ただこれらってあくまで『変化する』だけなんですよね。序盤に1,2巡早くリーチが来るだけで手牌が死んでしまうことは多々ある。

リーチが3巡ほど遅れてしまう(3巡ってのは適当です)代わりに好形になるというのは本当に有利なことなのか?

それよりも早くリーチを打つことを優先した方がいいのではないか?というのが最近の感覚です。別に7mを切ったところで50%の確率で好形になるわけだし索子が先に埋まってのカン2pでも別に和了りが見込めないわけではないし。

そうするとダイレクトの4pの受け入れを減らすのは愚策のような気がするんですよね。別に6p引きもあるし。

とりあえずこの形はしばらく7m切ろうと思います。
スポンサーサイト
編集 / 2012.06.24 / コメント: 11 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析