スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
待ち選択議論
カテゴリ: 麻雀
待ち選択


オーラス和了りトップでの待ち選択。

2と4の数牌の単純比較では2の方がいいでしょう。でも一枚切れているとなるとどうですかね。

各打牌のメリットとしては

打1p→瞬間の和了り牌枚数がカン2pより多い、6p引きで両面になる、仕掛けに赤5pを切らなくても済む。

打赤5p→下家がもってきたら切る可能性がかなり高くツモが2回ある感じ。2pという待ちの強さ。誰かが降りたとしても和了れる可能性がある。

と言う感じですか。なんとなく盤面的には打1pが有利な気はします。

巡目が速く手代わりを待つ猶予があるなら打1pで後の変化も見る。もうあまり巡目が深くなり始めていれば打5pで一気に決めに行く、と巡目によって選択を変えるのもありだと思います。

ただこれ正解なんてないと思うんですよね。もちろん細かく考えれば優劣はつくんでしょうけど実践ではゆっくり考える時間はないしこの盤面で正解を導けたとしてもそれは他家の些細な切り順や仕掛けの一つで簡単にひっくりかえってしまう。そういう局面が麻雀には多々存在ます。

大事なところ、あるいは大物手が入ってる時は選択を間違えたくないのは誰だってそうです。でもその選択に対して毎回明確な優劣があるわけじゃないんですよね。

僕は正解のないものに対して延々と議論することはあまり意味のあることだとは思いません。

ここで考えるべきことは各選択肢にどういう意味があるか、つまり各選択肢のメリット、デメリットです。
答えのなさそうな牌姿や選択において議論すべきはこれ。メリット、デメリットなんです。それを踏まえてどの選択をするかというのは結局プレイヤー次第なんですよね。答えまで議論しようとするとキリがないことがほとんど。

『答えなんてわかるわけないんだから意見が割れたっていい。ただメリット、デメリットはキチンと把握しておくべきだからそこをみんなで考えよう』ということです。

議論というのはそもそも自分の気付いてない考え方に気付いたりや見落としてる物を再認識出来たりするから意味があるものだと思います。

別に相手の意見を自分と同じに変えさせるためにやるわけじゃない。そうなったって別に自分にとっていいことがあるわけじゃないしさ。
スポンサーサイト
編集 / 2012.08.18 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。