序盤は緩めない
カテゴリ: 麻雀
やりすぎ

やりすぎですかね。ダマテンでもいいような気もします。三色のオマケ付きの両面変化と一盃口があり打点が必要な状況ではないし。

なんだけどやっぱりリーチかな。こちらとしてもリスクを負う必要がない状況なだけで形だけ見れば全然勝負は出来る形です。これがラス前とかならダマだと思うんですけどまだ東1局なんですよね。

東1局ということはまだ全員に親があります。ここで対面や下家に満貫をツモられると捲くられることも全然あり得ます。もちろん大半のゲームはこのまま自然に推移させるだけでトップは取れると思いますが毎回そうもいかないのも事実。

ここから黙って終局まで降りまくるとするとどうですかね。僕のイメージでは7割くらいのトップですかね。

さすがにもう一回和了ればほぼダメ押しであろうことを考えるとこの手ならダメ押しの係を任せてもいいんじゃないかなとは思います。親、先制、3900、8待ち、せいぜいラス目くらいしか押してこなさそう、と条件は十分でしょう。

もう大体トップだろwと適当にリーチした感じも否めないですがまぁ、東一局やギリギリ東二局でも稼げる時は稼ぎに行っていいという感じです。

結局そんなに稼がなくても大丈夫だった、というのは他家が「点差が開いているがゆえに手をつくりにこなかった」というパターンもあります。「点差が近ければもう少し門前で打点をつくりにいくけどこの点差ならラス回避でいいだろ。チーして2000点でいいや」とかね。

今回のお話は「残り局数が多い時は点差が開いていても油断しない」というお話でした。
スポンサーサイト
編集 / 2012.08.25 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析