スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
仕掛けのシャンテン数を考える
カテゴリ: 麻雀
方が


2600愚形は先制なら即リーチ、という考え方。

ただこれもう先制ではないですよね。

親が仕掛けて4mをツモ切った後に発を手出しで切っている。これはもうそこそこ。

イメージしてください。自分がタンヤオで仕掛けている時に真ん中の数牌を先に切って安牌の字牌を残す時はどんな時ですか?

ハイ時間切れ!!

正解は一向聴の時、です。

もちろんもっと形が悪い時でもそろそろヤバそうだから一枚共通安牌を持って置くか、の完全二向聴のケースもあると思いますが頻出形としてはターツの足りてる一向聴で安牌として一枚持ってるケースでしょう。

そしてその発が出てきた、ということはこれはもう聴牌。あるいは余剰牌のないポン聴の効く一向聴になったかのどちらか。
今回は違いましたが大体そうなんです。今回はたまたま。

親の仕掛けは2900が確定しておりドラの使える手役でドラが見えていない。これはもう5800。下手すれば12000あるのもも覚悟しないといけない仕掛けです。

これに対してこの形で追いかけるのか、というとちょっと厳しいんじゃないかな、という感じです。

仕掛けは向聴数がわかりにくいのですが『使えそうな牌を切ったあとにいらなそうな牌を切ったら聴牌が近い』というのは聴牌付近であるかどうかの一つの目安になると思います。そのいらなそうな牌の安全指数が高ければ高いほど聴牌が近い。

それでも相手の仕掛けに打点が見えなければ押してもいいと思いますが今回のように高打点もの可能性も十分ある仕掛けであれば慎重に対応してもいいんじゃないかなと思います。

つまり超えていけさんは押しすぎですね。
スポンサーサイト
編集 / 2012.08.29 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。