仕掛け対応基準
カテゴリ: 麻雀
2000点(2900)が確定していない一副露→警戒レベル0。無視。打点も向聴数わからんやつなんか気にしてられるか。
2000点(2900)が確定している一副露→警戒レベル1。ある程度無視。和了れそうな限りは無視。終盤に差し掛かるにつれて気をつけ始める。当たると簡単に3900(5800)になるので中盤くらいで和了れそうにないなら警戒しはじめる。

2000点(2900)が確定していない2副露→無視。警戒レベル1。これもわりと無視。リスクが不確定なので和了れそうなら押しまくるけど相手の和了りも近いわけなので中盤で無理そうなら引く。ただ和了れそうなら妥協はしない。
2000点(2900)が確定している2副露→要警戒。警戒レベル3。そろそろ当たり始めるしここからは簡単に3900(5800)になる。これはわりとキツい。

というザックリとした基準が僕の中にある。

降り1


巡目はあまり関係ないですね。こちらはもう和了りは見えず相手の仕掛けは警戒レベル3。

降りるには十分な理由です。早い段階から降り始めると終盤に安牌が無くなる、という可能性は確かにありますが最後までいくとは限らないし安牌は増えていきます。それよりも現状の無駄な放銃を避けるべきです。

降り2

早くも詰んだw対面が『4s切り→東ポン→打発』だったのであの巡目での先切りはあまりしないだろう、ということで打3s連打。

降り3

はい。親は6巡目聴牌でした。あの瞬間で降り始めるのは早いかもしれないですが無駄に攻めるよりはよっぽど安定すると思います。
スポンサーサイト
編集 / 2012.10.27 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析