スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
油断よくない
カテゴリ: 麻雀
打ち1

頑張れ対面。俺はお前を応援してるぞ。

打ち2

対面応援団なので極力親に鳴かれない牌を選んで降りていく。

打ち3

あ、無くなった。

対面だけを見れば2p。ただそれだと下家に鳴かれるかもだよね。親が聴牌出来なければ終わりなので聴牌は入れさせたくない。

打ち4

なんで現物ではないけどこっちの方がいいんじゃないかな。タンヤオドラ3ツモられたら捲くられちゃうし可能性は全然あるし。

打ち5

あっ。

打ち6

裏乗らずでセーフでしたが。

一言で言えば「雑」。正直対面からリーチかかった時点で大体勝ちだな、と気を緩めてしまった。

実際最後まで最善を尽くそうと画面を凝視していれば下家のリーチ後の6m、7mの手出しに気付けた可能性は十分ある。

5と8を切ってる人が手出しで67を切って来る。これはもう大体5が手の中にありますよね。ということは下家は567から6と7を切ってるんですよ。これはさすがに降りてるんじゃないですかね?だったらこういうケースも想定しての打2pでよかったんじゃないでしょうか。

もちろんたまたまの空切りやスライドの可能性もあるので一概にどちらがいい、というものではないのかもしれないですがそれを考慮したうえで西を切るのとぼへーっと西を切るのでは意味合いが全然違うと思います。

ところで注意深い方は気付いたかもしれませんがこれ最後1pがあるんですよねー。対面が直前に1p切ってるんですよねー。なんとブログ書き終わる直前まで気付きませんでしたw

1p切れてるのに気付かずに

『最後まで最善を尽くそうと画面を凝視していれば下家のリーチ後の6m、7mの手出しに気付けた可能性は十分ある。』(キリッ

だってよwww

もっと気付くべきところあるだろwwww

まぁ、要は麻雀もブログも最後まで気を抜くなということです。
スポンサーサイト
編集 / 2012.12.03 / コメント: 3 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。