ラス目でも我慢出来る奴は強い
カテゴリ: 麻雀
我慢1

ピンフ系の和了りたい手牌。いや、和了りたいじゃない。和了らなくちゃいけないんだ。

我慢2

おいやめろ。


我慢3


ラス目で押したい形の南3局。多少不利な押しをしても無理しても誰も怒らないとは思う。

というか多くの人がもう少し押すんじゃないだろうか。

我慢4

少なくとも僕は押しました。

でも怒られないだけで押すのは明らかに損。所詮打7pの時点では二向聴だしどのターツを払っても危険牌をはらうことになる。

なら我慢でもいいよね。自分の都合がどうであれ無理なものは無理。

ここで我慢してもオーラスそれなりの条件は残る。それに上家が打たないとは限らない。

放銃ってのは自分が失点してしまいそれで局が終わってしまうすごく損な現象なんですよね。

和了りのリターンが大きいからと言って失点のリスクが小さくなるわけじゃない。

そう考えるとどうなんですかね。今まで当たり前に押してたし今でも押すんですが最近ちょっと疑問に思ってます。

状況を理由にゼンツするのは本当に正しいのか?と。

我慢5

多分正しい。
スポンサーサイト
編集 / 2012.12.12 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析