序盤の仕掛けにも対応する
カテゴリ: 麻雀
水槽1

親が5mを鳴いた直後に中を持ってきたところ。

水槽2

降ります。

水槽3

降ります。

え?だから何?これがどうかしたの?普通じゃん。と思う人もいると思うんですけどこれ最初の段階でひゅっと中切っちゃう人もいるんですよ。

これ中でロンって言われたらほぼ12000ですよね。そうとうダルイ。

仮にこの巡目で親からのリーチが入ってこの手だったとしたら中を切る人は相当減ると思います。それでも仕掛けに対してだと切ってしまう人がいる。

中を切ってしまう人の考える理由としては「張っているかどうかわからないところに対してこの巡目から降りるのはどうなのか」というのがあると思います。しかし逆に考えればこの手は果たして和了れるのか?というのもあります。この手が終局までに和了りが取れないのであれば相手の向聴数がどうであれ降りた方がいいわけです。だって和了れないんだから。和了れないのに振り込むのはただの損でしかない。

今回の自分の手は7mさえ引ければ和了りが見えます。なので和了り自体はまだまだありそう。しかし和了りがあるとしてもどのような和了りになるでしょうか?

この手は7mが引けなければ愚形聴牌になってしまいます。ひどいと愚形1300まであります。MAXを見ればメンピンドラ1の可能性もありそれだと親と勝負してもよさそうですがこの手がメンピンドラ1として聴牌する可能性はなかなかに低そう。

つまり現状のこの手はたいした手ではありません。7mを引けばやっと価値が出る可能性がある程度。それでも可能性があるレベルです。

果たしてこれで親の5800仕掛けと勝負する価値はあるでしょうか?

確かに親が聴牌しているかどうかわかりません。しかし親の打点は5800は確定しているわけです。そして聴牌かどうかは分からないとは言え捨牌的に二向聴より悪い形とは考えにくい。打点も向聴数も負けているこの手で前に出るのはどう考えても損だと思います。

あと早い段階から仕掛けに対して降りることをあまりしない人たちの言い分としてよくあるのが「今から降りても最後まで降り切れるかどうかわからない」というものがあります。

確かにそれはそう。今回はわりと降り切れそうですが最後まで降り切れるかどうかと言われると微妙なところ。終盤に安牌が尽きる可能性はありそう。ただそれはそうとしてもこの状況から流局、あるいは流局間際まで行くことってそんなにないと思うんですよ。

終局までは降り切れなくともそもそも終局までいかないのであれば最後に安牌が足りなくなる心配はしなくてもいいんです。これから安牌は色々増えていくわけですしそこまで詰まることはあんまりないと思います。2,3巡経てば親が切ったり脇が通したり新しく引いたりで結構安牌は増える。そう考えると安牌が2,3枚あれば降り始めるには十分かなと思います。

早い段階でも降りるべき理由としてはこのくらいですかね。

力強い仕掛けに対しては自分の手牌の価値が薄ければ早い段階からでもしっかり降りるべき、ということでした。
スポンサーサイト
編集 / 2013.02.28 / コメント: 9 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

実況動画もやっています

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析