美しい聴牌を組めば牌が揃いたがるので和了りやすい
カテゴリ: 麻雀
木の葉1

一応ゼットンシステムとしては「リーチ+1翻が確保されている時は受け入れフルMAX」となっているので打5sになるんですがこれくらいなら多少ゆとりを持ってもいいんじゃないの。


理想としては

木の葉2

こんな感じの一向聴。ただ巡目的にはちょっと遅いかなという気もする。

木の葉3

あーあーあーあーあ。よくばりお兄さんにお仕置きリーチかよ。さすがに赤5sは切りにくいので実質二向聴みたいなイメージ。

木の葉4

赤5sを打ってれば完全一向聴になっていた。とはいえその場合5mか4pを切らないといけないわけでいずれにせよ南を切ることになっていたような気がする。ひとまずここは打南。

木の葉5

後手を踏んでいるような印象もあるけど実際はそうでもないと思う。最初の時点で赤5mを切っていたら

木の葉7

この形になってるはずだし。だからくやしくないもん。あとから見ればしょうがないと思えるのだが実際打ってる時はちょっとぐぬぬってなってました。

木の葉8

おらああああああああああああ。完全にやりすぎ。現張り、5800、ドラのスライドあり、そろそろ終盤、枚数少なめ、と曲げない理由十分。

いいところが入ったり、見た目が十分だったら勢いでリーチしていまうのが僕の悪い癖の一つ。

木の葉9

ゼットンシステムなんてなかった。
スポンサーサイト
編集 / 2013.05.29 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析