思考の方向性
カテゴリ: 麻雀
20144201.jpg

何切る?

聞いておいてアレですが何を切ってもいいと思います。ただししっかりと定めておくべきは方向性。

例えばここで白はもう切らない、と。それであれば七対子を目指すべきでしょう。いや、親だし赤5s引くかもしれないし様子はみるけど勝負の時には白は切るぞ、という気持ちがあるなら順子手の可能性を残しておくのもいいと思います。

ダメなのは白を切る気がないのに七対子を放棄したり白を切る気満々なのに順子手の受け入れを狭めてしまうことです。

ようは「どうしようとしているのか?」そして「そのためにはどうすべきなのか?」をはっきりさせておくことです。

20144202.jpg

このメカゼットンさんという方はこの手で白を切るのは無理かなーと思いながら8mを切ったそうです。こういうのはいけません。白を切る気が無いなら七対子の可能性を残すべきだったと思います。

下家に白を切るのがいいのか悪いのかわかりません。この瞬間の打8mの是非もわかりません。ただ、下家に白を切るべきでないと思っている人間が8mを切ってはダメだと思います。

牌譜だけをみれば僕個人はここに違和感はありません。「順子手をメインに進めて白を切るタイミングを探っているんだな」と思うだけでしょう。しかし実際はこの打牌が不正解になりうる思考をしていたのです。

こういう牌譜だけでは伝わらないものを動画で伝えることが出来たらな、と思っています。




もちろん逆に文章でこそ伝わるものもあると思っているのでブログも続けてはいくつもりです。

どちらもよろしくお願いします(*´ω`*)ノ
スポンサーサイト
編集 / 2014.04.21 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

実況動画もやっています

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析