スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ダブルアタック
カテゴリ: 麻雀
201412101.jpg

2sが若干薄いが当然リーチ。

201412102.jpg

下家きてるうううううう。

201412103.jpg

まだきてるううううう。これだけリスクを追ってくるということは東を持ってて高打点の聴牌という感じですかね。

201412104.jpg

無事和了れましたが思った以上に下家が整ってたしこっちの待ちも薄かったw

201412102.jpg

さて少し戻してこの場面。基本的に他家の打点やダマテンは読めないのですが「明らかにリスクを負っている」他家は和了りに近かったり打点があったりのケースが多いです。親リーとそれに押し返すだけの高打点が来ている、となるとそこに挟まれた場合は二人に対して降りる必要があります。ただいつも都合よく二人に共通して安全な牌があるわけではないですよね。そういう時はどうするか。そういう時は、、、仕掛けを無視を推奨します。

リーチに押しているとは言え、高打点の一向聴のケースもあれば安牌がなくてしぶしぶ押しているケースもあります。それに対しリーチは確実に聴牌ですし平均打点もそこそこあります。であれば確実に聴牌をケアすべきだと思います。

リーチに押してる副露者がいるのにそれを無視して副露者にロンされると「おいおい、ちゃんと見てんのかよ」みたいなことを言ったりする人もいますが無理に二人に通る牌を探るより確実に一人に通るようにする方が安全度は高くなることがほとんどです。可能な限り二人をケアすべきではありますが無理なら素直に立直をケアする方が平均失点は低く収まると思います。


まとめ・リーチに押している仕掛けはケアもすべきだが無理ならリーチのケア優先
スポンサーサイト
編集 / 2014.12.10 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。