フリー収支改善講座&イベント告知
カテゴリ: 麻雀
今日はちょっとフリー雀荘のお話をしようと思います。

今年700戦打って現状こういう感じ。
成績


単純にツイていますし店によるメンツのレベルもあるのでそのまま数字を鵜呑みにするものではないとは思いますがそれでも十分な結果が出ていると思います。

そこで今日はフリーで収支を向上させる非常に大事な話をしようと思います。

フリーで収支に差がつきやすい要素。そのひとつは「負け方」です。

ツイてない日に-10000Gになってるところを丁寧に打って-5000Gにする、こういうことの積み重ねが大事という話はよく聞きますが具体的にはどういうことなのか?とれるトップを逃さない、無駄なラスを引かないといった微妙に抽象的な感じではなく具体例を出していきたいと思います。

雀荘であった同僚のワンシーン。

南3局西家10000点持ちラス目 

なぎ

24000点持ち南家から5巡目にリーチで他家はトップ目親45000 3着目21000点という状態

まぁ大体無理なんですよね。字牌と端牌くらいは行くかもしれませんが基本的にこれはもう降りるしかない。着順しか見ないのであれば降りてもオーラスハネツモ条件になってしまうので無理を覚悟で押す、という選択は出てくるのですがフリーでは素点にも価値がある。 

ここで「どうせ降りてもラスだから」と無駄押ししてる人、無数にいます。
同僚も押して刺さって「行くしかないですから」と言っていましたが僕からすればこれは降り有利だと思います。これよりもうちょっとくらいよくても降りていいくらい。

和了れなさそうな手からリーチに押して無駄に放銃してしまい素点8000点と祝儀一枚を失う、こういうのは本当に減らさないといけないと思います。ピンであれば素点と祝儀で1300G、テンゴであれば500Gを失います。

仮に100ゲーム単位でラス率2割をキープするという好成績を出したとしても100ゲームで20回はラスを引くわけです。そのラスうち半分のゲームでこのような放銃をしたとしましょう。

ピンなら13000G、テンゴだと5000G。どちらもおおよそ2トビ分のマイナス、100ゲーム単位の平均収支で見て一ゲーム当たり130Gor50Gのマイナス収支を負うことになります。データを取ってる人なら分かると思いますがこれは相当きつい数字です。

天鳳民にはおなじみな思考かもしれませんが振り込むということは点数以外に機会も失っています。

自分がふりこまなければ他の人が振り込むかもしれません。冒頭の例で言えば親や3着目が押すことも十分考えられますが自分が振り込んでしまえばその機会は失われます。仮に振り込まなくてもこちらが無筋を通すたびに他の二人は情報が増え振り込みにくくなります。あなたがベタオリすればヒントが増えず彼らが振り込むかもしれません。三着目が振り込んでオーラス着順上昇が見えるかもしれません。

麻雀小僧でこんなシーンがありました。

小僧1

小僧2

我慢すれば次は勝てるなんてロマンチックなことは言えませんが最後まで粘る、というのは強者の条件の一つでもあると思います。

フリー収支において着順は目的ではなく手段です。同じ四着でも小さな四着と大きな四着は明らかに別物です。

どうしようもない時にこそ雑に打たず、降りるべき時はしっかり降りる。これが収支において非常に重要である、というお話でした。



そして今週末9/19日に西中島にある雀荘「大三元」で12:00~18:00の間ノーレート東風&サンマ0.2の一日イベント協会の米崎奈棋さんとやります。
( ゚∀゚)o彡゚なぎちゃん!なぎちゃん!って言いにきてくれー(っ´ω`c)
スポンサーサイト
編集 / 2015.09.15 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

実況動画もやっています

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析