スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
麻雀AIは天鳳位の夢を見るか?
カテゴリ: 麻雀
麻雀AI爆打(ばくうち)が七段R2000を達成し鳳凰卓で打つことが可能になりました。
現状では鳳凰卓で打つことはないそうです。

天鳳公式ブログ

僕個人の感想としては「AIに鳳凰卓では打ってほしくない」という感じですかね。

お前程度が何言っちゃってんの?となるかもしれないですが僕も天鳳位というゴールを目指してるものとしては達成した時に「でも今って結構コンピューターと当たるみたいだしそれでpt稼げるんじゃないの?」と言われるのが嫌。
爆打が参入してしまうとそれ以降の以降天鳳位の価値はそれ以前の天鳳位の価値と比べて下がることになるでしょう。

後はあまり現実的ではないですが今後多数AIが登場しCPU戦のようになってしまうことへの危惧はあります。

ただ麻雀の技術を煮詰めていくための研究材料としてAIは非常に優秀であると思います。ソフト名は忘れてしまいましたが僕も勉強のために10年近く前にリーチ条件や副露条件、守備バランスなどのデータを入力してAI同士で戦わせてデータを取る簡易AI作成ソフトを買って勉強しようとしていたこともありました。(結局使いこなせなくてすぐ放置してしまいましたがw)

技術の発展のためにはAIの発展は欠かせないものだと思います。麻雀はそのランダム性により特定の判断が正しかったのか誤っていたのかの確認のために膨大な試行回数を必要とします。しかもそれはゲームの試行回数ではなく局面の試行回数というおまけつき。この一点だけでも人力による技術の進歩は非常に難易度が高い。それをAIに任せて大まかなデータを取り細部をプレイヤーが煮詰めていく、これは技術を突き詰めていく上では非常に有意義なルートになりえる。

ただマージャンマンとしては麻雀はやはり人と人でやるからこそ面白いしドラマも生まれる、という思いがあります。麻雀の面白さということにおいてもちろん勝ち負けも大事ではあるんですが「人とやること」によるドラマも大切な要素だと思うんですよね。そういうものが高レベルの人たちと出来る鳳凰卓という場所はすごく貴重な場所だと思います。出来るなら僕は今の環境で打ち続けたい。とはいえ実際AIが入ってくればなんだかんだで新しい面白さが生まれる可能性も十分あるとは思うんですけどねw

20151227_080609.jpg

スポンサーサイト
編集 / 2015.12.27 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

実況動画もやっています

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。