FC2ブログ
if もしも
カテゴリ: 麻雀
20183161.jpg

局と点数を無視すれば素直にカン3mリーチなところ。しかし南2局でボチボチのトップ目と言う微妙にリーチしにくい状況ではある。

アンケートを取ってみたんですが素直にカン3mリーチが多数派でした。2mが多く見えてて3mが使いにくそう、というのも理由としてありそうです。捨て牌にヒントも少なく3m自体もそこそこいいのでここで決めてしまおうというのがマジョリティのようですね。

実践では僕は打2mダマとしました。現状南2局でここを流せば残りが僕とやや離れたラス目の親しか残っていません。スッと流せれば悪くても2着で結構な確率で1着が取れるかなというのがその理由です。打2mはツモ7mの手代わりを見たということです。

・「if」の未来
僕も3mがよさそうかなとは思いはしたんですがドラがあまり見えていないのと下家のゼンツがいやだな、というのが合わさり打2mにしたんですがここがトラップでした。

この二つって確かにあり得る話ですが所詮「if」の話なんですよね。

「親がドラを持っている『かも』」 「下家がゼンツしてくる『かも』」

もちろんあり得る事象ではありますがこれにはそうなるであろうという根拠はありません。つまり勝手に悪いケースを想像してビビっているだけです。

基本的に根拠のない「if」は判断材料としてはかなり弱いものになります。

それに対し

「自分の捨て牌にヒントが少なくひっかけでも和了りが期待できる『かも』」
「2mが3枚見えており3mが使い『かも』」


この二つの「if」、もちろんこれらも所詮「if」の話なので思い通りにいくかどうかは分かりませんがこちらの二つには求める「if」が起こるであろう根拠はあるわけです。

・二つの「if」

「根拠のないif」と「根拠のあるif」どちらを大切にしますか?となれば根拠のある方を選択するべきでしょう。

もちろんだからといってリーチをすべき、という結論にはなりません。僕が考えた局数と点棒の差でダマを選ぶことが正解かもしれません。但しそれに対し「親がドラを持ってるかも」「ラス目の追っかけきたらどうしよう」はそれを補強する要素としては弱いということになります。

自分が判断材料として「if」を使うときはそれが根拠のあるのかそれともただのポジティブ思考orネガティブ思考なのかを考えることが重要です。





スポンサーサイト
編集 / 2018.03.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

Enty「エンティ」クリエイター支援サイトに登録しています。よろしくお願いします。

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析