FC2ブログ
強くなりにくい人
カテゴリ: 麻雀
・強くなりにくい人とは?

麻雀はこう打とう!とかこう考えよう!というのはよくありますがでは逆に麻雀が弱いというのがどういうことなのかをちょと考えてみました。弱い部分を取り除けば強い部分しか残らないのでは?


①無知

人は知らないことは対応できません。ノーチャンスが当たりにくい理由や「こういう捨牌の順の時はこれが危ないよ」とかもそう。知っていても出来ないことすらあるのに知らないと出来るわけがない。ちなみに知らないことは知れば出来るので「知らないこと」で人を下に見るのは本当に無駄です。


②感情的になりやすい

百害あって一利なし。感情的になり本来思っている打牌と違う打牌をしていいことなど一つもないです。ちなみに「普段は出来る」とかはないと思ってます。タイトル戦などのその人にとっての「特別な対局」ではしょうがないと思いますがそれ以外での「普段は出来るのに(切らないのにetc)」はじゃあなんで今出来なかったの?で終わる話です。たくさん振り込んだから、全然和了れないから、で出来なくなるのはそもそも出来ていません。


③意見を変えない

麻雀は大多数の人の選択、あるいは強い人の選択が正しいことが多いです。大勢の人の考えや強い人が言ってることの方が正しい確率が高いのは当然です。あなた一人が考えた答えより100人が考えた多数派の答えの方が正解に近いはずですし強い人と違う答えを選んだということはそこがあなたと強い人の差になっているはずです。

もちろんだからあなたが間違っているというわけではありません。少数派が合ってることもありますし強い人が間違えていることだってあります。ただ自分で考えた意見だからと言って必要以上にかわいがるのはやめましょう。「さすがに自分があってるわ。さすがに。」くらいの時は自信を持ってもいいと思います。人に合わせる為にやってるんじゃないですからね。ですが「こっちもありだと思うんだよな~」くらいの時は大体負けてます。自分の頭を痛めて出した選択なので大切にしたいのはもちろんなのですがそれと正解かどうかは全く関係がありません。


④雰囲気で選択しがち

「雰囲気」や「なんとなく」を理由にするのは極力やめましょう。麻雀は雰囲気で選ぶしかない時もあるので完全にダメというわけではないんですが理屈として理由がある選択肢を差し置いてまで雰囲気を優先するのはよくないことがほとんどです。「マンズはワンチャンスだがなんとなく当たりそうだからソウズを切った。なんとなく筋ひっかけありそうだから無筋を切った」こういうのは大体ダメです。理屈があるものは理屈に頼るべきです。ワンチャンスはある程度安全ですし筋は無筋より安全です。


・対抗策

ではこれらが欠点になりうるとしてそれぞれの要素にどう対抗していけばいいのでしょうか?対抗策を考えていきます。

①対知識

知りましょう。知識に関しては本が効率がいいかな、とは思いますが動画やツイッターなんかでもボチボチ覚えていけると思うので自分が好きな方法でやるといいと思います。ちなみに実践は反復や知識をなじませるにはいいのですが単純に知識を得ようとするのには向いていないと思います。


②対感情

これはどうにもならないのですが僕は「100回戦だとしてこれで勝ちに近づいているのか?」「トップを取ったら5億もらえても同じ選択か?ラスったら右腕をちぎられるとしてもこうするのか?」「これが人生最後の対局だとしてこの選択で後悔しないか?」と問いかけながらやってます。これはメンタル面なので各々が対応するしかない。


③対意見

人と意見が割れた時は基本的に自分の意見を否定的にみるくらいでちょうどいいと思います。意識はしていても自分の意見はちょっとひいきしてしまいがちなのでそれを差し引いて「別の意見の方が有利ではないか?」くらいの視点からスタートするのがバランスがいいと思います。


④対雰囲気

「判断はしているが言語化できない」ということもあるのでを必要以上に嫌う必要はないのですが選択は極力理由を探すようにしましょう。「マンズはワンチャンスだけど切り巡的に危ないからソウズの方がマシに見える」こういうのはどちらも理由がありどちらを優先すべきかはその人次第なのでいいと思います。ただ言い訳にならないように「なぜその切り巡だとマンズが危ないのか?」と言う理由付けは必要です。それなしに「なんとなく」では結局最初と一緒になってしまいます。



おおよそこんなところでしょうか?

『①知識を得ることに積極的で②感情的にならず③人の意見を参考にし④根拠のある打牌をする』

文字だけで十分強そうですねw
長所を伸ばすのも大切ですしそちらの方が楽しいと思いますがたまには気分転換でこういった部分を修正してみるのもいいんじゃないでしょうか?

最後に一つ覚えておいてほしいのは「強くなることを焦らない」ということです。

よく見たり聞いたりするのが現状の自分の強さを卑下してしまう人です。
「なんて下手なんだ」「あの人強すぎる、、、勝てる気がしない、、、」みたいなね。

でもですよ?強い人が何年やってると思いますか?麻雀がメチャ強いあの人もあの人も何年も何年も麻雀をやってることがほとんどです。その人が10年麻雀をやってるならこっちが10年やった時に自分の方が強ければあなたの勝ち、あなたの方が強い、と言えます。そこを目指しましょう。

8年とかやってる人に3年のあなたが勝てなくても不思議ではないどころか本来当たり前です。理想は追い越すことですがそこまでいかずとも自分が8年になったとき彼より強く、あるいは今より距離を詰めればそれで十分あなたが強くなっているということです。

9割の人は普通の人です。主人公キャラのように劇的に強くなることはないといってもいいでしょう。だからこそ楽しみながら少しずつ強くなっていくのが一番だと思います。





チャンネル画像

チューバーットン始めました。よろしくお願いします。登録200人になったらなんかしましょう。

チャンネルページ

スポンサーサイト
編集 / 2018.03.24 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

Enty「エンティ」クリエイター支援サイトに登録しています。よろしくお願いします。

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析