FC2ブログ
和了ることとは守ることと見つけたり
カテゴリ: 麻雀
・テーマ不足

ブログ書くことないのでツイッターでちょっと募集した結果

「役牌2トイツ」

「2鳴きと守備力」

「優位な点棒状況におけるスピードと守備力」

の三つをもらいました。

単独で書いてもいいのですがせっかくなので三つをまとめて考えてみます。それにより何か新しいものが見つかるかもしれませんし。

・共通点

この三つにおける共通点はあるのか?と考えてみたのですが1つありました。

それは「攻撃の中に潜んでいる守備意識」です。

「役牌2対子」→役々+トイトイorホンイツで高打点を~みたいな話もよく聞きますが実践では片方を鳴いても片方がヘッドで安全だし役も確定するしで2000点で気軽に仕掛けていくことも多々あります。

「2鳴きと守備」→これはもう字面がそうですね。二つ鳴いた時の守備はどう考える?というもの。「親の現物を持ちながら仕掛ける」だったり「頭が安全牌の仕掛け」みたいなシンプルな守備意識もありますが「和了ってしまえば振り込まない」という「攻撃的な守備」もあります。和了れる副露は守備を意識しなくていいのでより和了りやすくなりその勢いを増すわけです。

「優位な点棒状況におけるスピードと守備力」→これも割と攻撃的な要素であったりもします。理屈としては「2鳴きと守備」の話に近いのですが速攻の和了りも守備力の高い行為です。相手の和了りを発生させないわけですからね。

・和了りは守備

和了ることはそれ自体が守備でもあります。しかも加点というおまけつきと考えるとアシストやベタオリと比べてメリットのある最上位の守備ということになります。

基本的に攻撃というのはメリットを取りに行く行為であり守備はデメリットを減らす行為です。「デメリットを減らす」というのは所詮減らしているだけです。メリットが得られない状況であればそれでも守備をするしかない。しかし選択権があるなら攻撃による守備をまずは目指すべきです。

・和了りは下振れを減らす行為

①タンヤオドラドラのカンチャン待ち
二萬:麻雀王国四萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国

ドラ7s

→ダマとリーチで期待値は同じくらい。だったら打点の上振れのあるリーチがよい。

②タンヤオドラドラにトイトイをつけるか

五萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国六萬:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国

五筒赤横:麻雀王国五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国    八索:麻雀王国八索:麻雀王国八索横:麻雀王国

ドラ白

→打点は倍。しかしシャボにしても和了り率は半分以下には落ちない。よってシャボ有利。

統計的にはこのように考えるらしく二つとも考えとしてはありだと思います。攻撃面だけで見ればその通りでしょう。

しかし付随している守備の側面を考えると①②ともに攻撃の期待値は上がっているものの和了自体はしにくくなっています。そうなると自分の失点の可能性も増えていきます。そのリスクは攻撃面でのメリットで打ち消せるのでしょうか?僕としては天鳳を続けていることもあり期待値が同じくらいなら和了りやすい方を選択して下振れをなくしたいと思ってしまいます。もちろんこれは正解かどうかはわかりませんし。南2局で3位と4千点差のラス目であったりすれば上振れを見て攻撃面でメリットが最大の選択をすべきでもあります。

・無限に和了れば負けない?

では攻撃が最上の守備だとして攻撃を磨けば自然に守備も兼ねているということになるのでしょうか?毎回どこかに和了りがあるのであればそうかもしれませんが麻雀は基本的に和了れない局の方が多いわけです。となるとやはりベタオリや合わせ打ちなどのオーソドックスな守備の方が基本と言うことになります。和了りが守備的な価値も含んでおり点数以上に価値があるとは言っても麻雀は最後に一番点数を持っていた人が勝ちで和了り回数勝負をしているわけでありません。

「和了りには失点を防ぐ守備的な価値もある」ことはを知るのは和了りの本質を知ることではあっても「麻雀」自体の本質ではありません。麻雀は点数を稼ぐゲームであり稼いだやつが偉いのです。

複数の要素を考えすぎていろいろ混ぜ込んで合成獣キメラのような打ち方になることは必ずしもいいことではありません。トラはトラであれば十分強いのです。

キメラになる前にまずはトラとしての力を発揮できるようになることが先決です。うーがおー!!


スポンサーサイト
編集 / 2018.03.28 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

Enty「エンティ」クリエイター支援サイトに登録しています。よろしくお願いします。

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析