分業制の可能性
カテゴリ: 麻雀
ハリルホジッチ解任でサッカークラスタが発狂している理由/中村慎太郎

読みました。
サッカーをまったく知らない僕でもわかりやすくて面白かったのでお勧めです。時間のある方は是非。

そして読んでいて思いました。麻雀も外部からの招聘があってもいいのかもしれないと。

先ほどのnoteの一文に

・『日本人らしいサッカー』は歴史上成立したことがなく、現代も「世界から学ぼう」と言う状態

というものがありました。麻雀も個性の名の元に不明瞭な部分を誤魔化してプレイしていることが多々あります。

ただこれは麻雀というゲームの性質上陥りやすい罠であってそうなってしまうのも仕方ない部分がかなりある。そしてその罠にかからないように、あるいは脱出出来るようにするのが「データ」になります。しかしここで問題なるのが「データ」自身が非常に難解なものであるということです。

適切なデータが揃っていても皆が使いこなせるわけではありませんしそもそも適切なデータを抽出するのが難しい。その上データを集める場所や期間によっても有用性が変化する。データや統計は扱いが非常に難しいのです。

となるとですよ。麻雀の各団体がサッカーの監督のようにデータの有識者を外部から招聘することも有益な気がしませんか?どちらかというと野球でいうスコアラーの方がイメージに近いかもしれません。

例えば団体Aは優秀なデータ分析チームを所持しておりそのチームは様々な麻雀のデータや知識を持っている。そしてAに所属している選手は自らの成績やデータを分析チームと相談して改善していく、、、、なんか組織っぽくないですか?

データを集め解析するという作業は決して簡単なものではありません。時代に合わせて戦略も変化していきますし常に最適な解析が出来る人間は評価されるべきです。しかしそれが出来る人がそのまま最強にはなりえません。実際に卓について実行することはまた別の能力ですから。

様々な競技で分業制が進んでいく中、麻雀もいつまでもプレイヤーがすべてを自分一人でやっていく時代はいつか終わるんじゃないかと思っています。

最前線で活躍している多くの選手は分析チーム○○の支えがあった、というような時代が来るかもしれないですね。






麻雀ラジオ更新してます。今回はぷよぷよ界からlive(りべ)さんをお呼びしました。よろしくお願いします(*´ω`*)


スポンサーサイト
編集 / 2018.04.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

Enty「エンティ」クリエイター支援サイトに登録しています。よろしくお願いします。

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析