FC2ブログ
成長の話
カテゴリ: 麻雀
結局人と同じだけ努力していても差は詰まらないんですよね。縮まっているように見えても本質的にはそうでもないことも多い。

自分の総合力が低いうちは多少の努力でガンガン成長出来ます。そうすると自分がものすごい努力してる、あるいは自分の努力はこんなに結果に結びつくんだ、という錯覚に陥りがちなんですよ。

極端な話、雀力0の段階から+20の努力をするとそのまま雀力20になりやすい。

それに対し雀力80くらいになると+20の努力をしてやっと+1、それどころかプラスになればいいですがなんならマイナスになることすらある。(短期的にマイナスになっても「あっ、これダメなやつか」という発見になるので「今後マイナスにならない」という意味で総合的にはプラスではあると思います)

自分が0→70くらいの成長をした時に時に最初80だった人は84くらいかもしれません。

数値だけ見ると自分の成長速度に比べ回りが成長していないように見えますが実はそんなことないんですよね。元が80の人は80→84になるまでに相当の苦労をしている。

しかも追いついた人が今後持つであろう「これどうなんだろう?」という疑問にある程度回答を持ったうえでの84なので今後迷子になりにくい、という利点もある。

だからこっからなんですよね。自分が80くらいまで成長した時に相手の背中が87とか88の場合、だいぶ追いついてもう少しの差と見えるんですけどそこの差を詰めるのがメチャメチャしんどい。天鳳の安定段位にそのまま換算して安定8.0~8.5の壁がわかりやすいでしょうか?

たかが0.5.されど0.5の差は見た目以上に大きい。

レベルが上がってくると「自分と少しか違わない」の「少し」が非常に大きいぞ、というお話でした。
スポンサーサイト



編集 / 2018.07.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析