FC2ブログ
「ぼぎわんが、くる」を読みました
カテゴリ: 雑記
(本編の内容を含みます)

第22回日本ホラー小説大賞受賞作品。『ぼぎわんが、くる』

幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん"という化け物の仕業なのだろうか? 愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん"の魔の手から、逃れることはできるのか……。怪談・都市伝説・民俗学――さまざまな要素を孕んだノンストップ・ホラー!



面白かったです。

簡単に言うと「ぼぎわん」という化け物が襲ってくる話なのですが3章構成になっており

1章 ぼぎわんに狙われている夫・秀樹視点

2章 嫁・香奈視点 

3章 その化け物を退治することを依頼されたライター野崎と霊媒師の比嘉視点

という感じ。こういう同じ時系列を別視点から見て色々ほぐしていくのは湊かなえさんがよくやってるイメージがある。

ラストで一気に謎が解けていくよりも徐々に謎が解けていくというか真実に近づく構成の方がワクワクが継続できて好きなんですよね。真実にたどり着くための情報が徐々に増えて言ってもそこまで熱心に推理したり予測したりが得意ではないので小出しでいいんでヒントじゃなくて回答だったり展開が進んでいく方が読みやすい。

あとは個人的に登場人物に不快な人物がいると読む気が失せてしまうのですがこの話では秀樹が不快指数が高かったんですね。ただ1章では秀樹の不快さを隠しての秀樹視点なのでそこまで不快ではなく2章の香奈視点になると秀樹の不快さが表面化してくるのですが2章の時点では秀樹はすでに死んでいるので(1章末で退場する)「まぁ死んだしな、、」ということであまり不快さは感じず読めました。不快系というか問題を起こすキャラも当然必要ではあるしけれどもそういうキャラはさっさと退場してほしいし、、という個人的なわがままが解消されておりなかなかよかったように思います。

ホラーとしては死してなお嫁を責める(ぼぎわんが真似ていたとはいえ)夫の構図はやべぇな、、という感じ。得体のしれないものの怖さはもちろんありますが自分を責める身近な存在というものも大きな脅威であるしそれから解放されたと思いきや復活してさらに自分を責め続けくるとなると、、、

描写にもありましたがぼぎわんが徐々に知恵を付けていき単純にさらっていこうとするのではなく身近な人間を使って追い詰めていくようになる過程はなかなか恐怖でした。自分が信じている人に擬態するのは卑怯。

そんな感じですかね。これからは読んだ本や見た映画なんかの感想も書いていこうかなと思ってます。




スポンサーサイト



編集 / 2018.08.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析