FC2ブログ
いまさら聞けない聴牌料判断
カテゴリ: 麻雀
最近は聴牌料の重要さが話題になることも増えました。ということでこの場面どうしましょう?

20189211.jpg

和了りは薄そうなのでリターンはほぼ1500点と見ていいでしょう。ドラが4mなだけに4456mなどに打つとかなり痛いですが3mを6巡目に切っているのでその場合34456mの形から3mを切っていることになるため考えにくい。ということは7mで打っても56mの4-7m待ちの可能性が高く致命傷にはなりにくい。となると期待値的には見合う?

こういった感じで議論がなされることが多いのですが僕はここでのプッシュは推奨しません。親のリーチに振り込んでしまうとリーチ+イーペーコーやタンヤオが一個あるだけで3900。裏ドラ1個で7700となると割に合わないと思います。南3局くらいで加点自体が最終順位に大きな影響を与えるならまだしもまだ先は長くここでの1500点の為に5000~7000点くらいのリスクを負うのは得策に思えません。

となると時代に反して聴牌料を取りにいかない方がいい派なの?と思われるかもしれないのですがそうではないんです。僕も聴牌料はとりに行くべきだと思っています?つまりどういうことかというと

20189212.jpg

聴牌料を取りにいく、と言うのは前段階のこの時点でしっかりと1mを切るということだと思ってます。元々切るタイプの人もいると思いますがこの場合和了りや聴牌にこぎつけるためには5sが通りかつカン3mが埋まらないといけない。・・・結構難しいですよね。發ポンも安牌を二枚消費してしまいますし和了りはなかなか厳しい。となると無理はせず後続をケアして先に2mを切るという選択があるわけです。

聴牌料をしっかり意識する、というのは1mを切っても許されそうな時はしっかり1mを切るということです。

20189213.jpg

今回は親のリーチに対して二人が危険な牌を切っていないですし大丈夫かなということで1mを切ってうっかりを期待することにしました。上下のどちらかが怪しい牌を捨てたりしてる場合は選択は変わってくると思います。

20189214.jpg

対面が5sを捨てた直後に上家が打3m。完璧な展開。和了りはなかなか難しい形ですが一応聴牌ですね。このような聴牌を逃さないようすることが「聴牌料を意識する」ことだと思います。

ド終盤に聴牌料のために危険牌を通すのかどうかはそれはまた別の話なんじゃないかなと思っています。


エンティで有料(500円/月)でブログ記事の追記を書いています。よろしければ是非。



ユーチューブでちょこちょこ牌譜検討配信もやっています。こっちも登録よろしくね(っ´ω`c)こっちは無料だよ(っ´ω`c)

メカゼットンチャンネル



スポンサーサイト



編集 / 2018.09.21 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析