FC2ブログ
角田は麻雀の上に天鳳を作らず
カテゴリ: 麻雀
20181031.jpg

上家のドラポンに対してトイトイ聴牌中のところに6mを引き5-8mに変更できますが、、、

20181032.jpg


まぁしないですね。現状自分の手が5200点と言うそこそこの勝負手なのでリスクはあれどさすがにもったいない感じ。麻雀は点棒を集めた人間が勝利となるゲームなのでそのチャンスはなるべく生かしたいですね。

考え方によっては上家の手が早いとみて5-8mの交わし手に移行する、というのもありますがそうなると6m7mともに危険であり1000点の聴牌を取るために萬子の上を打つのはいかがなものか?という疑問が沸きます。今回は東1局なのでほとんどの人がトイトイで勝負すると思うのですがここで1000点に切り替えてしまうのは「状況をリセットしに行ってる」ということなんですよね。

自分の手を捨てるが上家にも勝負手を和了らせない、と言う感じ。そういう考え方も大事ではあるんですが麻雀は勝つためには点数を稼がないといけません。天鳳は特にラスのダメージが多くとにかくリスク回避が大事とされており絶対にラスらないようにすると思われがちですが例えばオーラスに

A100%ラスらない
B10%ラスになるが70%連帯出来る

のどちらかを選べと言われれば天鳳でも当然Bを選びます。ただ他のルールに比べBの「X%ラスになるが」のXの値が他のルールに比べ低い値の内から選択をAに切り替えて行く、というだけの話です。

敗北条件を満たさないことはもちろん重要視されますがそれ以上に勝利は目指さないといけません。ラス回避を意識しすぎて勝利条件を満たすチャンスを逃し続ければ結局は相手にラス回避のチャンスを与えてしまうでしょう。

天鳳ルールも麻雀の内。点棒を稼げるときはラスを怖がらずに稼ぎに行きましょう。麻雀は点棒の多さを競うゲームなのですから。





エンティで有料(500円/月)でブログ記事の追記を書いています。よろしければ是非。




ユーチューブでちょこちょこ牌譜検討配信もやっています。こっちも登録よろしくね(っ´ω`c)こっちは無料だよ(っ´ω`c)

メカゼットンチャンネル



スポンサーサイト



編集 / 2018.10.05 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析