FC2ブログ
散らすことで選択を楽しむ
カテゴリ: 麻雀
Mリーグ見たり大会やらに出ていろいろ考え方が変わっている、、というほどでもないんですけどちょっといろいろな考えをもとに打牌をするようになってます。

ちょっと前に書いた「各選択肢で100点中80点以上の選択肢は取るとして残り20点分はその中で好きに選ぶ」と言うのもそんな感じ。最近面白いかなと思ってるのは毎回80点を取るのではなく70点~85点くらいの分散であれば平面でもそこまで損しないので大損しない範疇でちょっとよさそうに思えた普段と違う選択肢を取ってみる、という打ち方です。

毎回固定で80点取るのが強いのは間違いないのですが70点~85点を取りながら選択肢を分散させるのもいいんじゃないかと。仮に70~85でなく75~85あるいは70~90で平均点で同じになるのであれば選択肢が分散している分色々な択を使える方が強いのかなと。

そんなことも考えながら

20193141.jpg

5pツモ切ってみました。流石に迷彩要素はほとんど期待してないんですけど下家が押してきてるので2枚の受け入れのためにもっておくほどだろうか?と言うのがあって先切り。ただ5pが出ると下家が字牌を流石にと言ってやめてしまうケースも出てきそうでその点ではやや損な側面もあるなと感じます。

ただ以前はこういうのはほぼMAXに受ける一択でした。だって和了る気なんだから受け入れは減らさない方がいいじゃん。放銃することも和了ることもあってそれは分からないんだし不確定なものを考慮するよりは目の前の受け入れをMAXにしといたほうがいいでしょ、と。

これはこれで一つの真実だと思ってはいるんですが正直どっちか正解か分からないし分かるためには莫大な試行回数が必要になってきます。ならばここで「選択肢を散らす」ということで両方しましょう。よく考えたらどっちが正解か選ばないといけないなんて誰もいってなくない?

以前はどちらかの方が有利な選択肢でありそれを探すことこそがすべてと思っていました。しかし唯一絶対の正解を探すのみの打ち方をしていると自分の中で「面白くない」という問題がここ数年くらいあったんですよね。選択が合ってるかどうかは別として「結果は関係なくこうするべきなんだから和了るとか放銃するとかは知らん」ということを積み重ねるプレイングはあまり成長がなく新しい発見も少なく自分自身に変化をもたらしにくい。

これを繰り返すのは「2000~5000試合で自分の実力を測る」という意味合いが強くなってきます。固定された選択を繰り返すということはゲーム中にやるのは自分の知識の引用ですからね。

そのフィールドの最強水準であればこれでも数千試合のトータルを楽しむことも出来るとは思うんですが残念ながら9割の人はそうでないし僕ももちろん9割側の人間。そうなってくると5000戦やってゴールしてない実力のままそれを下振れの可能性もあるとか言い訳したり上振れ待ちと言いながら安定段位8付近のいままで通りの打牌を続けるのはもはや作業ですよね。かといって鳳凰卓から落ちない程度の安定感はあるので惰性で続ける・・・・考えてみればつまんなくて当然です。

そういった精神状態から脱却したいというのもあって最近はちょっとだけ損かも?とかこっちが面白いか?とかを結構やっています。そしてこれが冒頭の選択肢を散らす、という考えにつながります。毎度成功しようとすると1ゲームの濃度も濃くなって楽しめますしね。



で、これどっちがいいの?





ユーチューブでちょこちょこ牌譜検討配信もやっています。
登録1000人目指してるんで登録してくれー!(っ´ω`c)三(っ´ω`c)

メカゼットンチャンネル


「タクミル」というサイトで天鳳の牌譜とスカイプを使って自宅で受けられる麻雀家庭教師もしております。麻雀で伸び悩んでいる方は是非。

タクミルホームページ






スポンサーサイト
編集 / 2019.03.14 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析