FC2ブログ
敗北
カテゴリ: 麻雀
2年目のMリーグへ向けてのドラフトが先日終わりました。

2年目に向け一年目から大きく方向性を変えたように思います。

その確たるものが「女流を1名いれること」と言うルール。

これがエンターテイメントに寄せたテコ入れなのか、それとも麻雀界の将来を見据えて女流の地位や実力の底上げのためのものか、真相は分かりません。

ただ一つ言えるのは「完全なる実力主義ではない」と言うことです。

これに対しツイッター勢の中でもいろいろな意見が出ています。

麻雀界やMリーグがどうあるべきか~とかそういう規模の大きい話ではなく僕個人の感情として湧いてきたものとしては「敗北」という感情でした。

コンテンツを絶やさない努力

やはり麻雀は分かりにくい要素が強いですしまだまだ普及しているとは言い難い。そこでガチ勢向けのコンテンツが出来たとしてもまだ脆弱だったんですよね。

生まれたばかりで探り探りのコンテンツ。そこで現状収益になってなくても可能性があればガチ路線も続いていたかもしれません。
例えばファイナルの視聴数がアベマ史上歴代最多とか放送URLのRTが2万とかね。

そうなればお金がまだ生まれてなくてもこの方向性は可能性があるなと思ってもらえたかもしれない。しかしそうはならなかった。ゆえに番組は大幅な方向転換を強いられた。

これは僕も含め麻雀実力主義オタクの「総力が足りなかった」ということなのかなと。

別に一人一人の努力が足りなかったと言いたい話ではありません。一人一人に出来ることは限界がありますしそもそもコンテンツ自体がスポンサーが見込んでいる収益が出せるほどの規模がなかった可能性もあります。

でもやはり継続してほしいコンテンツにはその意志を示すべきなんですよね。お金に余裕がある人は一つでもいいからサポーターになる、それが難しいなという人は試合がある日はRTする。そうやって期待している人が大勢いるというのを示す必要があった。行動って力なんです。

僕たちは知っていたはずなんです。コンテンツを存続させたいのであれば行動しないといけないと。コンテンツが終わってしまい悲しい思いをしたことがあるオタクは大勢いるはずです。

Mリーグは1期から別方向に向こうとしているかもしれません。それでも最初はこちらを向いていてくれたんです。もし存続すれば再びこちらを向いてくれるかもしれない。

団体の偏りがあってうんたら。エンターテイメントがなんたら。知名度がどうこう。ツイッターでは色々な意見や不満も飛び交いました。分かります。僕も同意する部分は多々ありました。

でもね。ファンの行動も同様に大事なんです。求めていたのに今までなかった方向性のコンテンツがやっと生まれたならばその時は「そうそう!!そっちそっち!!進めぇ!!!!」と声を張らないと。

ツイッターやブログでこうあるべき、と声を上げるのも大事です。でも求めてないものを否定するより求めているものを応援するアクション。たとえばRTや視聴、可能ならば課金という直接的な行動は否定より圧倒的なパワーがあるアクションです。

Mリーグだって「みんな本当は実力主義の勝負が見たいでしょ?」と考えてその方向に動いたのにみんながアクションを示さなければ「あれ?みんな求めてると思ったけどそうでもなかった?こっちじゃなく?」となるのは当然です。

自分の求めていたものが新しく出てくればそれを熱烈に歓迎し応援するべきです。きっとその熱量がコンテンツを持続させる力になるから。






ユーチューブでちょこちょこ牌譜検討配信もやっています。
登録1000人目指してるんで登録してくれー!あと300人だー!!(っ´ω`c)三(っ´ω`c)

メカゼットンチャンネル


「タクミル」というサイトで天鳳の牌譜とスカイプを使って自宅で受けられる麻雀家庭教師もしております。麻雀で伸び悩んでいる方は是非。

タクミルホームページ








スポンサーサイト



編集 / 2019.07.11 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析