スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
天鳳プレマッチ観戦記
カテゴリ: 麻雀
東一局

大体満貫


7巡目から水巻が両面から仕掛ける。

ルール(評価方法)、打ち手の信頼度を考えるとほぼマンガン以上は見ていいんではないだろうか。
2pが薄いゆえに3900聴牌のケースもあるだろうか。
3900聴牌か満貫の一向聴か聴牌、これくらいが妥当な読みだと思う。

それを受けてたろうが無筋の4mを打ち6mのポンから打4mで追いつく。

鳴きですか。

面前で行けば跳満まで見えるが、、、、

それだけ水巻を信頼している、ということだろう。

信頼しているならこの手は鳴いてぶつける価値があるのだろうか、とも思ったのだが水巻の河が強く待ちが絞りにくくい状況でもある。

そうなるとサッと和了ってかわすのが彼のバランスなのだろう。

そんなやりとりを横目に前巡に聴牌を入れていた浅埜が700.1300をツモる。

僕ならリーチをかけてしまいそうなのだがここちらも水巻にぶつける価値はないと判断したのだろう。

結果として水巻の1鳴き満貫、たろうの跳満クラスの一向聴、どちらも実ることなく静かな立ち上がりとなった。


東2局
水巻の第1打の役牌を浅埜が積極的に仕掛けていく。
しかし吉田が7巡目役牌をポンしてあっさり追いつきたろうから3900の出和了り。

東3局
たろうの第一打を浅埜がまたもやポン。
和了りに結び付かないとしてもスタイルは変えない、といったところか。

打東?

それに対し水巻はゆったりと役牌のトイツ落とし。
僕はあっさりと7pあたりを切ってしまいそうなのだが、、、

長丁場の東南戦。かつトップに非常の価値のあるルール、ということを考えると多少遠くても高打点であることに価値があるのだろうか。

そして9巡目に浅埜が白を切るも吉田は声をかけず。
同巡自力で白を暗刻にする。

これも僕は鳴いてしまいそう。
ラス回避の天鳳感覚とトップに価値のある東南ではバランスが大幅に違うのは頭では理解できる。
ただやはり自分の慣れていないルールのバランスには違和感を感じる。

しかしそれでも水巻、吉田の両プレイヤーが役牌に頼らない、ということを見るとこの段階での少ない加点に意味は薄い、ということだろう。

9巡目
ゆっくりとした二人を追い越したろうがリーチ。

11巡目
降りれたらおりるのかね?

安牌のない浅埜が押す。
僕も同じ状況ならしぶしぶ押すのだが安牌があれば降りるのだろうか?

14巡目浅埜が7枚目となら5-8sを引かされる。6s、7sともにほぼ見えておらず4sの筋を追い打7s。

5sと8sのシャボに切りかえるも8sが振聴になっており実質リタイア。
しかしそこでたろうが8枚目の5-8sをツモ切る。

降りない?

これを浅埜がポン。

これはどうなんだろうか?

現状浅埜は手詰まっている。そこに8枚目の5-8sが打たれたのだ。

ここは素直に5sと8sを落としていくべきではないだろうか?

これをポンして打8s。そこに何かを引いてその単騎へ、ということなのだがこれではまた手詰まりかねない。

残り巡目がそれほど長いわけではないが手詰まる可能性は十分ある。

しかも和了れたところで大した点数ではない。

と思うのだが、、、

結果はたろうと浅埜の二人聴牌。


東3局一本場

先制は水巻。

どっち受け?

ひっかけに受けず。枚数重視なのだろうか。

確かに赤のあるルールで赤の見えてない5絡みの愚形はそれほどいい待ちではない。

しかし1枚の差なら少しでも出やすい方が有利な気もする。

ひっかけだからなんていっていると「所詮そんなリーチを和了らせてもらえるレベルの話でしょ?」となってしまうのだろうか?

ちなみに僕はことの発端となったとされているペン7pは即曲げしますw


6mのうちにくさ

数巡後吉田が6mをつかむも降り。
この時点でひっかけになっていれば吉田は打っていたようにも思う。

まぁ、吉田がこの形であること、吉田が6mを引いたこと、これらは所詮偶然にすぎないのだが。

結果は水巻の一人聴牌で流局。

東4局

もうないよ


浅埜が7巡目に片和了りの聴牌を組む。和了れない牌が2枚出ておりそちらをツモって振聴になってしまうケースも少ないだろう。

もし振聴になってしまっても白を生かしての手変わりもある。それなりに柔軟性のある片和了りの形ではある。

しかし現状で4sは純カラ。
そうこうしているうちに吉田、たろうともに追いつき吉田のツモ和了り。

1200、2200の和了りと2本の供託で6600点を得る。

南一局
水巻が10巡目に先制リーチ。
それに対したろうが水巻の赤5mに仕掛けを入れる。

シャンテンからシャンテンへ

鳴いてノーチャンスの打9m。

一向聴から一向聴への仕掛けなのだが。

打点も確保できるし他家へのけん制もにもなる。たろうらしい仕掛け、といえばそんな気もする。

とあるたろうをよく知る人物は
「他の打ち手がやると疑問手とされる仕掛けでもたろうだとなんか許せちゃうんだよね」
と言ったらしい。

それだけ彼の仕掛けは独特なのだ。
僕もそれほど彼を知っているわけではないがとにかく手数が多い。

すべて和了りに向かってるわけではないのだがとにかく仕掛けが多い。
たぶんそれが彼の強さなのだと思う。

結果は水巻、たろうの二人聴牌。
というかこの2-5-8pが和了れないのかw

南2局
浅埜4巡目リーチ。

これを受け吉田は受けたろうは押す。

コウタ受け        たろう押し


親番の有無。持ち点などからの対応の差だろう。
僕は吉田の手牌でも押してしまいそうなのだが。

たろうは7巡目に5sを掴みひとまず回るものの14巡目たろう、吉田、ともに一向聴までこぎつける。

結局追いついたのは吉田

追いつく

そっと2mを河におく。ここで曲げるくらいなら最初から勝負しているだろう。

しかし吉田がまたしても無筋を引かされる。
もうだめ

これくらいは通りそうな気もするが、、、、
吉田の判断は打7s。

吉田が9mを押せばもう現張りの意味はない。

他家からみた場合7mのノーチャンスで9mを切ったように見える可能性はあるのだが、、、
現実的にみて押していると読まれる、と判断するのが妥当だろう。

そもそも吉田もこの局はぶつける手順を踏んできたわけではない。
そうなると吉田としてもこれ以上押すのは得策ではないだろう。

しかし結果は、、、、、

うはw

7s、6sと落としている間に張り返した吉田の海底でのツモ和了り。

ツイていただけ、と思う人がいるかもしれない。

確かにツイてはいたと思うが大舞台で冷静な打牌、的確な押し引きをすることは決して簡単なことではない。

そもそも正着を打ち続ける、ということ自体簡単なことではないのだ。

それがこの舞台で出来る、というのは並大抵のことではない。

僕はこの時点で順調に推移すればこのゲームは吉田のものだろうと感じた。

僕はオカルトではないが実力者が冷静に打つとなれば残り局数、点差を考えればおおよそ吉田のものだろう、と。

南3局

選択

吉田に選択の場面が。

吉田の選択は打3p。次巡ツモ5pで打9p。

役があれば単騎でも構わない、という手順。

しかしたろうが東、4sと続けざまに仕掛けあっさりと8sをツモり2000オール。

南3局一本場

七対ドラ切り

重なる確率はどの牌も対して変わらないだろう。
となると重なった時に破壊力が大幅に上がるドラは切りたくない。
しかし数巡内に牌が重なり字牌単騎リーチが打てた場合、この河で字牌がとまる人間がいるのだろうか。

表面的な損得だけでなく最終的な損得。それを意識した上での手順というのが本当のデジタルなのだろう。

鳴かないとかあんの?

同局の浅埜。
6巡目のたろうの4mをスルー。
これは鳴くだろう。
鳴いて打5m。
そして筒子の縦引きはツモ切り(3-6sが振聴)の構え。ではないだろうか?
手牌が短くなることにより待ちが絞られるリスクはあるがそれより向聴数のほうが大事であろう。

しかし浅埜の迷走は終わらない。
ないない

ここでこの2をカンしてしまう。
2sの暗刻があるからこそ45sのターツが振聴ながらも有効に機能していたのだ。
2をカンしてしまうとただの振聴ターツになり下がってしまう。
先に3-6sを処理しなければならないという制約のつく手。

おそらくは悪手。しかし、、、
止まるかねこれ

それを見た水巻が打1s。そこに7pを持ってくると振聴ながらリーチ。

水巻としても点棒の欲しい局面であるしカンドラもある。苦しいながらもリーチは仕方ないと思われる。

しかし軍配は浅埜。

先に3-6を埋めた浅埜に水巻が一度止めた8pを再び掴むという残酷な結果に。

南4局
水巻が懲りずに先制リーチ。
高めツモウラ1で2着浮上という苦しいリーチながらもこれ以上変化は望めない形。
水巻としては高目出和了り裏1の3着でも十分だろう。

しかし結果は安めツモ裏1。
まーしょうがない

結局水巻にとって苦しい半荘であった1回戦は水巻自身の手で幕を引くことで決着。

トップは終始冷静な打牌を続けた吉田。
2着は大舞台でも自分らしい仕掛けや手順を貫いたたろう。
3着は常に和了りを求め続けた浅埜。
4着は展開に恵まれなかった水巻。













疲れたよ!!

6時間くらいかかったw
ノートも4ページくらいメモで埋まったw
一応プレマッチを見ていない人にもわかるようには書いたつもりなんだけど、、、
4回戦全部やろうと思ったけどこりゃ無理だなw
画像が全部たろうさん視点なのはこの4人の中で彼だけ知り合いだからで意味はないよw

ちなみに僕は試合後の配信とかまったくみてないからプレイヤーの意図とかは知りません。
それは一応知っておいてください。
なのでプレイヤーの意図とは違うよってところがあっても「僕が感じたこと」だと思って許してやってください。

あ、でもたろうさんから「トップが偉いから全員がトップをとりやすい選択をしているはずだ」というのだけは聞いたのでそれを踏まえた上で書いた、というのはありますよっと。
スポンサーサイト
編集 / 2009.01.15 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。