スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
フェアプレーと対人ゲーム
カテゴリ: 雑記
「一度通ってしまった不正はもはや不正ではない。それは正義だ。」

というようなセリフがワンナウツという漫画にありました。(ブルーマーズ編)

それは一つの真実ではあると思うのだが必ずしも正義とは限らないとおもうのだ。
(そりゃそうかwそもそも不正だしw)

ということで前回の近代麻雀の雀荘であった愉快な人々。

三麻で親が二翻縛りで一翻で上がってしまったらしい。
そのセットでは流局時にチョンボになるのでその局は続行。

で、その人はチョンボのやりとりのゴタゴタで多牌をしてしまったらしい。

そこで残った一人からリーチが入る。

そこで多牌者が一発消しのポン!!

「これがあると思って多牌を黙っていた。安牌はたくさんあるからあとは流局を祈るだけ」

まぁ、こっからさらに落ちがあるのだがそれはどうでもいい。

ただ、この行為僕は全く愉快ではない。むしろ不愉快だ。

本人は不正(多牌後の仕掛け)であることを認識しながら他者が気付いていないからそのままにしたわけだ。

もうね。なんなんですかね。

バレなきゃ何してもいいの?すり替えたって積み込んだってバレなきゃいいってことですか?

麻雀において打牌や選択はすべて自由意思で行われるものだが最低限のフェアプレー精神は必要だろう。

例えば誤ロン。自分がダントツトップのときに親が大三元確定になったので誤ロンをして局を流しました。

これをうまいと思うの?ルールを巧みに利用したってなるの?

僕の考えでは誤ロンは本来存在しない行為だが人がやる以上発生しないわけではないので発生した時の対処としてチョンボがある、と思っている。

見せ牌のチェックなしもそうだ。

本来見えてはいけない(他家の手牌や山の牌)が見えてたとしても見えてないまま扱う、というのはあくまで本来起こりえないことが起きた場合への対処方でしかない。

チェックがないからといって見せ放題というわけではない。

じゃあ、極端な話見せ牌なしなら手牌すべてを倒してみんなに見せて差し込みを誘ってリーチをかわしてももいいいのかって話でしょ?

最低限のルールも守れないなら対人ゲームをするなよ、と思ってしまうんだけど、、、、

別にそんな人生を変えるほどの大金がかかってるわけでもないでしょ?

きっと失うものの方が大きいと思うし、、、、

スポンサーサイト
編集 / 2009.07.29 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。