スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
フリテン一点読み
カテゴリ: 麻雀
ラス前にラス目の北家である上家がリーチ。

この時点で僕は彼の動きにかなり違和感を感じていた。

牌をツモって来た時、牌を手に持ったまま少し止まっていたのだ。

フリーで打つ人は思い出してみて欲しいのだが考えるときはツモってきたを牌を手牌の右端(右利きの場合ね)につけて考えることが多いと思う。

ツモ牌を手牌につけるという行為をしてしまうと「和了り宣言」出来なくなる店もあるし「つけない」というのが仮聴をツモって和了るかどうかの選択の間に感じたのだ。


もちろん大体好形聴牌の一向聴で愚形聴牌してしまった時にツモ切ろうとしたけどちょっと迷った、とかの可能性もあるので(113456二三四五にツモ七みたいな感じ?)このモーションだけでは断定は出来ないがフリテンリーチの可能性は十分ある。

そして少考ののち手出しの打8pでリーチ。

河を見渡すと5-8pは結構よさそう。もしこのリーチが和了り形からのフリテンリーチであれば5-8pが選ばれることは結構ありそうだ。

かつ、今リーチをかけてきた相手は結構トップを狙ってくるタイプという情報もあった。

立直後の見逃しや山越し、他家を飛ばさないように打点を下げる、などかなり貪欲にトップを狙ってくるタイプ。

これら3つの要素を考慮しこのリーチはほぼ100パーセントといっていいほどの確率でフリテンリーチだと断定。

あと、その読みがあっており、そこでゼンツして和了れた、となると超きもちよさそうというのもあるしww(まぁ、ラス前で2着と結構離れている3着目の親番で一向聴という押さざるを得ない(押しても問題ない)状況では」あった)


でもこういうのは麻雀のゲーム的にどうなのだろうか?僕は普段相手の傾向や動きなどはあまり考慮しない。

同じモーションでも違う人(対戦経験が浅い人)がやればフリテンとは決めつけないし例えばこの人とネット麻雀をやっていればこれもまたフリテンリーチとは断定しないと思う。


少なくとも僕程度の雀力であれば挙動から高精度で何かが読め、かつ利用できる局面なんて極めてわずかだと思うしそれらを読む余裕があるなら枚数を数えあげたほうがよっぽど有益であることのほうがほとんどだ。

そもそも僕には「挙動読み」というものが麻雀の技術なのかどうかもよくわからない。
もちろん挙動は確実に存在するし勝率をあげるために利用も出来るものではあると思うのだけれど、、、それは麻雀のゲーム性自体とはちょっと違うものである気もするんです。


なんというか、、、、昔パワプロの対戦で

「キャッチャーのミットの動きを見るとバッター側が有利になるから極力見ないようにしよう」という話が友達の中であったらしい。(俺はやってなかったからよくわからんがそういうものなの?)

なんかそれに似てると思うんですよ。わかりにくいと思うけどさw

「実際はあるのだがないという前提でプレイする」みたいな。

僕にとって挙動とかそういうものなんですよ。

なんか長い上にわかりにくくなったけど要は

「フリテンリーチを一点読みしてやったぜ!!」って自慢ですよ!!

横移動で親は流れて三着で終わったけど。










パワプロの話のくだりはいらなかった気がしてしょうがない。
スポンサーサイト
編集 / 2009.08.12 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。