スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
メタ戦略
カテゴリ: 麻雀
メタ戦略とは「流行の戦術に対して有効な戦術」というもの。
(学術的な分野で使われる場合は他の意味もあるみたいだがそれは知らん。とりあえずここではメタ戦略とは「流行の戦術に対して有効な戦術」とする。)

メタ戦略は麻雀において有効なのだろうか?

例えば先切りだ。

僕の印象では先切りというのはやや不利な行為とみられているように思う。それより受け入れを目いっぱいに保ち先制リーチを打ちやすくするほうが有効だと。

別にそれがどうとかではない。
ここで大事なのは「その戦略が流行っているかどうか?」だ。

固定面子で相手の打ち筋の傾向がおおよそわかっている、などでない限り読みは「こういう形ならこうするだろう、」と自分にあてはめて考えることが多い。

そう考えると目いっぱいに受け入れを持つ打ち方が現在の主流ならば不特定な相手と対戦する場合は相手がそう打つと考えるのが自然だろう。

そこで「メタ戦略」が生きてくる。
(あくまで勝ちやすい戦術である可能性が高いだけではあるのだが)

うまく先切りした牌のマタギが待ちになれば和了りやすい、というのであれば先切りする価値はあるだろうし相手の序盤の捨牌のまたぎスジも通しやすいとなればずいぶん楽になる。

当たり牌をつり出すような戦術は古い、ということを言われることがあるが現状の主流の戦術に対するメタ戦略として有効なのではないだろうか?

ただ、全員がそういう意識を持ち始めると今度は「迷彩を含んだ(出和了りを意識した)手順」が主流となり今度は「目いっぱいに受ける打ち筋」がメタ戦略となりうる。

こうなるといたちごっこだ。

結局潜在的にどちらも
「最良の戦術である可能性を含んではいるが最良ではない」のだ。

別にこれは現状の麻雀では先切りをした方が有利という話ではない。
どんな戦略も優位な面はあるといいたいのだ。

今回の例でいえば「聴牌率を多少下げてでも聴牌→和了りまでのプロセスの難易度を下げる」という行為は決して無駄ではないということ。

主流の戦術をメインに据えて打っていて危険なのは主流の戦術の良い面ばかり見て悪い面が見えなくなっていたり主流でない戦術の良い面を過小評価してしまうことだろう。




というのを別のところに書いた。

こっちに書くことがなさすぎなので転調しましたw

これとある選択を「絶対有利」みたいな言い方をしてる人がいたのでイラッとして書いたんですね。

「そんな圧倒的な優劣の差はねーだろ」と僕は大体の選択で思うのです。

「よく考えればこっちのほうがよかったかなー」とか大体どっちでもいいし。
スポンサーサイト
編集 / 2009.08.31 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
天鳳プレイヤー。十段だったこともありました。

配信もやってます。
フレッシュ→
https://freshlive.tv/mekazettonn

ニコ生→

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。