他家の手牌進行速度との兼ね合い
カテゴリ: 麻雀
バルタン「残り180ptでいよいよ崖っぷちですね。」

ゼットン「イヤイヤ、俺スロースターターだから。ここからだから。」

バルタン「さすがにスタートが遅すぎると思うんですけどwで、これ見てください。」

他家の進行速度


ゼットン「さっき打ってたやつか。」

バルタン「あなたこれ曲げてましたけど、、、、大丈夫ですか?」

ゼットン「5200あるしいーんじゃねーの?」

バルタン「これ大体ダメじゃないですか?」

ゼットン「ダメ?打点は3900からで聴牌および一向聴であろう下家の混一仕掛け&ドラを切っていてうっかりでなければこちらもおそらく一向聴であろう親に一枚切れのドラペンチャンでリーチするのはきつい?」

バルタン「ダメな理由わかってるじゃないですかw」

ゼットン「いや、俺も一応黙聴にしようと思ってたのよ。ダマで一通の変化を待とうとさ。でも赤引くじゃん?そしたらなんか『俺がメカゼットンだ!!リーチ!!』みたいなテンションになって。」

バルタン「わかってってもリーチを止められないって問題だと思いますよw」
スポンサーサイト
編集 / 2009.11.03 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

Enty「エンティ」クリエイター支援サイトに登録しています。よろしくお願いします。

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析