優劣の判断と選択の幅
カテゴリ: 麻雀
ゼットン「なんかさー。最近強くなれる気がしないんだけど。」

バルタン「なんでですか?」

ゼットン「例えばさ、こんなのがあったのね。」

東2局 持ち点14000 東家 ドラ発 6巡目 東風戦

東東東111333一二三発

バルタン「18000(ダブ東三暗刻ドラドラ)ですね。」

ゼットン「で、2巡後くらいにツモ4。」

バルタン「なるほど。あなた発切りリーチでしょ?」

ゼットン「ああ。つーかなんで知ってんだよ。お前俺のファンか?いや、むしろストーカーだな?」

バルタン「いや、普段のイメージですけどw」

ゼットン「まぁ、そのあとに四を持ってくるわけですよ。」

バルタン「はい。そこまで待てば良かったって話ですか?」

ゼットン「『待てばよかった』とは思わないな。『待ってもよかった』とは思うけどね。」

バルタン「それが強くなれないのと何か関係があるんですか?」

ゼットン「『発待ちリーチ』『発待ちダマ』『245待ちリーチ』『一-四待ちダマ』『一-四待ちリーチ』の選択でさ、どれを選んでもいいなーと思ってしまうんだよ。」

バルタン「???」

ゼットン「まぁ、この選択の中にも優劣はあるわけだ。この中でもっとも効率の良い選択は存在する。でもまぁ、どれを選んでもいいんじゃないかなって。三門張ダマだけは劣りそうだけどな」

バルタン「考察する気が起きないってことですか?」

ゼットン「いや、そこまではいかないんだけど。選択肢の優劣にはある程度幅があってさ。その幅の中ならどれを選んでもいいんじゃないかなーって。」

バルタン「『発待ちダマ→4ツモ切り→一-四待ちリーチ』でもいいと?」

ゼットン「全然ありだろ。まぁ、索子が高くて萬子が安かったっていうのもあるんだけどさ。例えばその手順を他の人が踏んでてもたぶん何にも思わないんだよ。」

バルタン「ははぁ。『どの選択肢が最善か?』という思考をしないんですね。」

ゼットン「そうそう『まぁ、どっちでもいいんじゃねーの?俺はこうするけど』みたいなね。」

バルタン「ふーん。確かに上達はしそうにない思考ですねw」

ゼットン「いや、しかしあれだ。穏やかな心を持ちながら激しい怒りに目覚めた時スーパーメカゼットンに変身を、、、『バルタンのことかー!!』みたいな感じで。」

バルタン「勝手に殺さないでくださいよw」
スポンサーサイト
編集 / 2009.11.06 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

Enty「エンティ」クリエイター支援サイトに登録しています。よろしくお願いします。

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析