FC2ブログ
ダマ押し
カテゴリ: 麻雀
昔なら絶対に、、、


バルタン「ダマ押しですか?」

ゼットン「うん。」

バルタン「以前なら降りるかリーチしてそうですけど?」

ゼットン「そうだねー。まぁ、対面に手役はないとしてもドラドラ(表裏)の5200とか放銃したらマウスを投げて壊さないといけないしね。」

バルタン「いや、別に壊さなくてもいいですけどw」

ゼットン「まぁ、東はそんなに当たらないと思う。シャボならダマるだろうしさ。23444東東みたいな変則3面なら曲げそうだけどまぁ、押してもいいんじゃない?」

バルタン「打ったらラスる可能性があるとしてもですか?」

ゼットン「対面に満貫ツモられると3着に落ちてしまうし最悪ラス目に満貫ツモられるとラスるからねぇ。わりと降着パターンがあるしそんな放銃率も高くないだろうし押してもいいっしょ。」

バルタン「押すにしてもリーチはしない?」

ゼットン「リーチ棒を出すと対面の1300、2600ツモまで2着だったのが500、1000で3着落ちになるからな。1000、2000を耐えられなくなるのが怖いしリーチ後に上家に3900とか打ってラスっても寒いし。」

バルタン「でもダマで和了ってもそんなに点差はつまらないしどうせ押すならリーチした方がいいんじゃないですか?」

ゼットン「点差がもっと近かったらリーチしてもいいかもしれないけどさ。でもこの手はこの点差において大体決め手にはならないだろ?決め手にならない上にリスクが上がるわけじゃん?それってイヤじゃね?降着の可能性の高まる選択をするならそれなりのリターンが欲しいよね。それに変な数牌とか引いたら降りるし。」

バルタン「じゃあ今降りた方がよくないですか?むしろここでの対面のリーチは歓迎するところだという考えもありますし。」

ゼットン「ほっといて2着が転がり込むパターンも多々あるだろうね。それでもいんじゃない?俺は何となく聴牌してるんだし大体通るし聴牌維持でいいんじゃないか?と思ったけど。」

バルタン「ここで和了って意味はあるんですか?」

ゼットン「点差的な意味合いは薄いよね。仕切り直しくらいの意味しかないと思う。でもまぁ、次局はよりラスになりにくい点数状況で出来るわけだしあっさり12000が和了れるかもしれない。そういうことを考えるとここは1500でいいのかなーって。この状況では『ラスにならないように次局に持ち込む』のが目標だからさ。決める時期ではなく詰める時期かなと。」

バルタン「この局面で放銃したらカッコ悪すぎる気がしますけどね。」

ゼットン「今までは放銃が隙だと思ってたんだけど和了れる手を和了れなくして加点を逃すのも隙だと思うようになったからな。オーラスに限らないんだけど押すべき場面で押せないのは結構な損だからさ。放銃が罪になりやすいから放銃という結果が出たときのイメージの悪さがあるけど加点出来る時にキチンと加点しておかないといつまでたっても毎回ラス争いをするようになっちゃうよ?」

バルタン「この次局に対面と上家の仕掛け合いにベタオリしながら対面を応援してた人のセリフとは思えないくらい強気ですね!!」

ゼットン「それは言わなくていいw」
スポンサーサイト



編集 / 2009.11.28 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析