FC2ブログ
アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
カテゴリ: 麻雀
ゼットン「東風戦と東南戦では求められる能力が異なるよね。同じルール、同じ評価方法であってもベストの選択は異なってくる。」

バルタン「そんなに変わるものですか?」

ゼットン「東南やってたころは麻雀って『ローリスク&ハイリターン』の局面を探すものだと思ってたからなー。ギリギリの勝負とかしなくてもチャンスは来るでしょ?って思ってた。」

バルタン「それは東風も同じゃないんですか?」

ゼットン「もちろん東風にもそういう側面はあるよ。ただ、東風だと局数が少ない分あまり局面を厳選してると終わっちゃうから。微妙な優劣の中でリスクとリターンを判断しないといけないことが増えるよね。」

バルタン「そういう意味では東南戦の方が簡単ってことですか?」

ゼットン「イヤ、そうじゃない。東南戦だと局数が長い分ラッキーパンチが決まりにくいしな。長期戦で最善の選択ばっかりされたら勝てないし。」

バルタン「じゃあどっちも同じじゃないですか。」

ゼットン「そりゃ『最善の選択を続けるべき』点に関しては同じだけどさ。総局数の違いによる戦略の差っていうのはあるだろ?東風は総局数が少ない分一回の加点失点の価値がどうしても大きくなる。つまり加点を主眼に置き失点を防ぐ意味でも『和了りまでの速さ』というのが重要になる。それに対し東南では局数が多い分軽い打点では逃げ切れないことが多い。総局数が多い分、逆転される機会が多いし着順を気にせず手作り出来る局数も多いから軽い打点が決定打になったり致命傷になりくいから東風より『和了りまでの速さ』の価値が下がってしまう。」

バルタン「じゃあ何に価値があるんですか?」

ゼットン「『速さとの兼ね合いの中で打点を作る能力』かなぁ、、東風より多少遅れても打点を引き挙げた方がいいような気はするけど。今は東風メインで麻雀をやってるんだけど東南をやってた頃には考えられないような仕掛けとかいっぱいしてるし。」

バルタン「それは何かに目覚めただけじゃないんですかw」

ゼットン「『殺意の波動的に目覚めたメカゼットン』か。ていうか3副露して2000点の一枚じゃ相手は倒せないだろw」

バルタン「というかどうして急に東南の話とか始めたんですか?ここ何ヶ月も東南とか打ってないのに。」

ゼットン「昨日『東風戦とか麻雀じゃないよね』とか言われたからちょっとネタにしてみた。」

バルタン「えっ?お店でですか。」

ゼットン「うん。同卓中にさ。」

バルタン「ひどい人もいますねぇ、、で、なんて答えたんですか?」

ゼットン「覚えてない。」

バルタン「覚えてないとかあるんですかw」

ゼットン「いや、そうは言っても夢の中の話だからさ。そこで起きちゃったし。」

バルタン「夢オチw」

ゼットン「しかもそいつ彼女連れてきて同卓しててさー。リア充乙だよなー。」

バルタン「イヤ、それリアルじゃないですからw」
スポンサーサイト



編集 / 2009.12.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析