和了り逃しによる損失
カテゴリ: 麻雀
まぁまぁどちらでも


バルタン「さっきあなたが打ってたやつなんですけどこれリーチするんですか?」

ゼットン「つかこんなのどっちでもよくねーか?」

バルタン「どっちでもいいことはないでしょ。これ逃すとか致命傷ですよ。しかもあなた逃したらメンタルにダメージを負うというおまけ付きですしね。」

ゼットン「俺のココロの弱さはどうでもいいw」

バルタン「ダマにしてると対面があっさり打つかもしれないですね。一枚切ってますし。」

ゼットン「リーチだと降り打ちがあるかもしれないじゃん?」

バルタン「まぁ、降りる相手が手詰まりを起こしてかつ3mを持っている、となるとなかなか厳しいですよね。対面が3mをツモ切ると考えると自分と対面のツモ山に3mがあればいいわけですしそっちの方が分がいいような気がしますけど。生牌ならツモ切られるかどうかわかりませんしリーチしてもいいかもしれませんけどね。」

ゼットン「決め手の最終形はもれなくリーチ!!」

バルタン「イヤイヤ、そういう感情論の話をしてるんじゃないんですよ。現状リーチを打たなくても3mはそこそこ河に打たれやすいわけじゃないですか。上家、下家だって打ってくることもあるでしょう。もちろんリーチをかけたがゆえに和了れることもあると思いますよ?しかし基本的にはリーチを打たない方が和了りやすいのは間違いないわけです。正直『4mの壁で3mが出やすいかも』っていうのは『リーチを打ちたいからリーチをする理由を探してる』だけですよ。」

ゼットン「そ、そこまでいうか。」

バルタン「そもそもこれリーチしての打点上昇にどれだけ意味があるんですか?このルールにおいて12000の出和了りは相当大きいですよね?それを18000にする意味って言うのはそんなにないでしょう。無いってのは言いすぎなんですがそのために和了り率を下げるのはナンセンスです。ダマでもツモれば6000オールですからね。」

ゼットン「で、でも一発ツモで8000オールだったし、、、」

バルタン「結果論で語らないでください。そういう話はしてません。そういうことを言いだすと話が進みませんからね。いいですか?これを逃すというのは打点的な意味だけではないんです。局面が長引けば失点の機会も増えます。それに目の前の点数だけでなくその加点と失点というものにより次局以降の展開にも影響を与えます。点数差による手順の違いがありますから。そういう色んな損失を含んだ選択をしておいて『どっちでもいい』というのは違うんじゃないですか?もし論理的に反論出来るならしてください。私だってダマが有利だと確信してるわけじゃありませんから。」

ゼットン「なんか気合い入ってんなwブログ大賞が近いから真面目なのか?」

バルタン「別にそういうわけじゃないですけどねwというか、質問に答えてください。質問を質問で返すのはよくないですよ。」

ゼットン「大人は質問に答えない(キリッ 」

バルタン「答えないのと答えられないのは別でしょうwもういいです。一人でしゃべります。ということで今晩23時00分からライブチューブで『機械仕掛けの天鳳配信』をやります。」

ゼットン「結局告知なのかw最近告知が遅いと評判だけど大丈夫か?」

バルタン「まぁ、元々そんなに人気があるわけじゃないからいいんじゃないですかねw」
スポンサーサイト
編集 / 2009.12.14 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

Enty「エンティ」クリエイター支援サイトに登録しています。よろしくお願いします。

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析