FC2ブログ
評価方法と信頼と字牌と。
カテゴリ: 麻雀
枚数重視


ゼットン「和了りにくい跳満<和了りやすい満貫!!打5m!!」

バルタン「この4-7mとか全然和了りやすくなさそうですけどw」

ゼットン「単純に枚数比較だと4-7mの方が多いじゃん。」

バルタン「そりゃそうですけど差は少ないですよね?それなら字牌の打たれやすさの方が勝ったりしませんか?」

ゼットン「『字牌は使いにくいから場に打たれやすい』ってのは全体的にはそうだと思うけどこの局面では字牌とか危なくて切れないだろw」

バルタン「そうですねー。放銃すると大体12000からですしね。」

ゼットン「それに評価方法もあるからね。『トップを取らなきゃ意味がない』評価方法なら自分の打点が相当高ければいらない牌を打つかもしれないけど『ラスは引いちゃダメ』な評価方法ならリスクが高い場合はリターンが大きくても自重するケースも出てくるだろうし。」

バルタン「タンヤオドラ5とかでも打たないですか?」

ゼットン「打たない人もいっぱいいるんじゃない?巡目が深すぎて和了り目も薄いしね。」

バルタン「そうは言っても和了りやす差に大幅な差はないですよね?そうなると4000オールと6000オールの打点差ではカバーできませんか?」

ゼットン「その辺はてきとーだろ。正直どっちでもいいと思うし。基本的には字牌が安易に出ると思うなよって言う話だからね。それを認識してるならどっちに受けてもいいんじゃない?」

バルタン「でもやっぱ出そうなイメージはありますけどね。」

ゼットン「序盤はそうかもね。俺もこれが5、6巡目とかならシャボにすることもあるし。でもここまで来るとね。それにメンツもあるでしょ?」

バルタン「メンツ?」

ゼットン「雀力が高くなればなるほどこれ止められやすいよね。別に当たりだからってわけじゃなくて放銃の危険性や放銃予測打点とかを考えると相当切りにくいでしょ?」

バルタン「さすがに染まってそうですしね。」

ゼットン「でもそれを正確に把握出来ないとさ。『イラネッ』とか『字牌はあんまり当たらない!!』とかで切っちゃうからね。自分の手が一向聴とかで。」

バルタン「あー確かに麻雀始めた頃はそういう感じで切ってましたね。まぁ、未だにそんな感じではありますけどw」

ゼットン「だから相手を信用したうえでの両面受けってのもあるよね。もちろんルールを踏まえた上で打たれにくいであろうというのが前提ではあるけどそれを相手も認識しているといいう信頼がある。どう?俺立体的じゃね?」

バルタン「実際この後下家に西を止められましたしね。」

ゼットン「(キリッ」

バルタン「イヤ、止められてるわけですからねwキリっとするのはあなたじゃないでしょw」
スポンサーサイト



編集 / 2010.02.07 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析