FC2ブログ
振聴チーからの食い伸ばし
カテゴリ: 麻雀
スケルトン 


ゼットン「チーなんですよ。チーなんですけどもね。」


バルタン「向聴数の変わらない鳴きは凶!!って言ってる人もいましたけどねw」

ゼットン「昔なら何の疑問も抱かなかったと思う。『同じ向聴数でも和了りやすさや打点を追求する。これを放棄するのは愚かだ』って感じで。和了り率が大事な場面で和了りやすい待ちに変わるならそれに越したことはないだろ。」

バルタン「確かに平面的に見ての和了り易さは増加してそうですよね。単純に枚数が増えますし。」

ゼットン「でも最近はね。こういうの微妙かなって。しかも2p切ってるからさ。今回は食い伸ばしがバレて手牌がスケルトン状態になるっていう恐怖もある。」

バルタン「そうですね。違うパターンもありますけど食い伸ばしのパターンって警戒されそうですよね。」

ゼットン「ポジティブに考えれば手牌が透けてもドラが見えた場合下家以外が打ちこみに来てくれるかもしれないってのはあるけど。」

バルタン「それって結構ポジティブですねw12000が大丈夫ならそれもありそうですけどそれって差しこみに来てるってよりただ無視されてるだけな気もしますw」

ゼットン「まぁ、46で鳴いて打3pならそんなに強固な読みで4-7pが読まれないかもしれないけどな。単純に向聴時に2pが入ればいいしそこが残ればカン5pに受ける気でそういう残し方をする感じで単独の346pの形もあるし。」

バルタン「なんかこう鳴いた理由を正当化しようとしてるみたいですねw」

ゼットン「あと後々降りるかもしれないことを想定すると手牌は長いほうがいいよな。特にタンヤオ系だと降りるのに必死になりそうだし。役牌暗刻とかならいいんだけど。」

バルタン「その辺は評価方法依存ですかねー。フリーみたいなトップ超偉いルールならどうせ押すし鳴いたほうがいいかもしれませんね。」

ゼットン「いや、フリーでも待ちが透けたら和了れんだろw」
スポンサーサイト



編集 / 2010.04.15 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析