FC2ブログ
天鳳的オーラス戦略
カテゴリ: 麻雀
準備 


ゼットン「ポン、ポン、と連続で鳴いたわけだが。」

バルタン「見ればわかりますよw」

ゼットン「わかるわけねーだろ!!連続で鳴いてたら牌の勢いが増すし離れて鳴いたらそうでもないから今後の押し引きに影響するだろ!!」

バルタン「そういうのを判断基準に採用してたんですかw」

ゼットン「ぜんぜん。言ってみただけ。」

バルタン「、、、、で、どうしたんですか。」

ゼットン「これさぁ、天鳳じゃん。しかもこの手でトップ確定はなかなか難しい。となると無理をせずに降りて2着維持でいいのかな?」

バルタン「リーチ棒出てツモ条件とかですからねwまぁ、赤を引くかもしれませんけどね。」

ゼットン「前に出るってことはリスクを負うってことだよね。ここでリーチが入るとほぼ戦うしかない。そうなって放縦してラスってのは最悪に近いからな。」

バルタン「実際こんなになっちゃいましたからね。」

最悪パターン 

ゼットン「なったのはたまたまにしてもさ。こうなりかねないよね。残った形が和了りやすかったわけでもないし。」

バルタン「これで打つと十分ラスの可能性がありますねw」

ゼットン「そもそも最初の役牌を仕掛けずに、基本的には2着維持で受けるのが天鳳っぽい気はする。対面と上家は特に打点を作ったりはしないだろうから時間を与えても手を伸ばしたりはしないだろうし。」

バルタン「でも時間を与えるとリーチが来て3着転落するかもですよ。」

ゼットン「それはそうなんだけどさ。天鳳において3着って恐れるものではないからさ。むしろ3着上等でベターっと降りて2着だとラッキー。まさかの面前聴牌とか1フーロ聴牌になれば(キリッっとするのが安定じゃね?」

バルタン「まぁ、今までの手法で負けてますからねw戦略を見直さざるを得ないというのはありますよねw」

ゼットン「ちなみに結局下家に放縦しました。」

バルタン「最悪すぎるw」

ゼットン「でも2600で2着でした(キリッ。」
スポンサーサイト



編集 / 2010.05.03 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析