FC2ブログ
下家への先打ち
カテゴリ: 麻雀
東一局

親の8巡目

45m24s2378999p東東東 ドラ8p


下家が序盤に役牌をフーロしており現状聴牌かもしれない。
2sは安牌だが4sは特に情報のない無筋

という状況。あとは適当。適当っていうか普通。





ゼットン「例えばこの手は非常に和了りたい。」

バルタン「そうですね。」

ゼットン「となると索子を払うわけだが先に打4sなのか?」

バルタン「そうじゃないですか?今は当たらないのにくっつきや手代わりで当たるようになってから切るのは最悪ですし。」

ゼットン「でもさ。チーされるのもイヤじゃね?これをチーされた後に他家の打った牌で和了られるのも和了り逃しの部類に入ると思うんだけど。」

バルタン「それって和了り逃しって言うんですかね?むしろ『セーフ!!』とか思いそうですけどw」

ゼットン「最初にも言ったけど東一局のこの手ってとりあえず和了りたいじゃん。出来ればとかじゃなくてもう切実に。」

バルタン「あなたはいつも切実に和了りたそうですけどねw」

ゼットン「まぁ、そうだけどなwただこの場面での放銃に対してはそれほど抵抗はないんだよな。もちろん放銃はしたくないんだけど放縦リスクうんぬんよりも和了り率を大事にしたい。となると打2sもありじゃね?」

バルタン「『打4s→後々4sが当たりになるケースに対してロン牌を先に処理出来る』。『打2s→下家が4s受けを含む非聴牌時に速度を遅らせることができる。』って感じですね。」

ゼットン「4sを引っ張ることとで放銃するかもしれないけど4s先打ちで放縦するかもしれないしね。ただ先打ち放銃はどうせ後で打っても和了れないという点に関しては同じだしな。」

バルタン「でもやっぱり他家の放銃に出来たものが自分の放銃になってしまうのは損じゃないですか?4sをチーされたとしても他家が打つとは限りませんし。」

ゼットン「うん。基本的にはそうだと思う。放銃は悪ではないけど損だしね。ま、4sを引っ張れば瞬間の放銃を先延ばしにしたり下家の速度を落とすことも出来る可能性もあるからそういう選択もアリなんじゃない?って言うね。」

バルタン「残り局数にもよりそうですね。和了りには向かうとしても放銃リスクを高めるべきではない局面あるでしょうし。そもそもこの選択が和了り率が最も高まる選択なのかもわからないですしねw」

ゼットン「局数が少なくなればなるほど放銃が致命傷になりやすからな。開局だからこの選択肢に優位性が見いだせる気がする、ってのもある。それに残り局数が少なくなったときの放銃が致命傷になりうるなら放銃してもいいように加点しておきたいじゃん。」

バルタン放銃して大丈夫なようにしておくことも大事だとは思いますけど放銃しないようにする努力も大事ですからね。」
スポンサーサイト



編集 / 2010.05.08 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析