FC2ブログ
中盤の二兎追い(はじめイズム)
カテゴリ: 麻雀
好形向聴


バルタン「とりあえず打5mですかねー。」

ゼットン「ふーん。打9mにしないの?」

バルタン「筒子を延ばしてのリーチが本線かなーと。」

ゼットン「ダマ5200でもいいんじゃね?出和了りが効くってのは結構出かいと思うけど。」

バルタン「和了りにくそうですけどね。実際に山にないのは結果論にしても選択が出来るならなるべく避けたい待ち筆頭ではありますけど。」

ゼットン「よっぽどの一向聴じゃない限り聴牌の方が偉いと思うけどね。どうせなら打4pとかどう?」

バルタン「ああー。それもよさそうですね。これだとツモ6mがなんか微妙ですもんね。」

ゼットン「別にこれで和了る気もそんなにないんだろ?聴牌形にしておく必要があんまり感じないよね。ツモ4mでもノリノリのリーチが打てるし。いや、ツモ4mだとリーチ打たないもあるか。」

バルタン「そう言われてみるとこれあんまりよくないかもしれないですね。この後ツモ8pで(キリッっとリーチしたんですけど先にツモ6mとかだと後手を踏んでる感じがしますよね。」

ゼットン「打4pからツモ6mでリーチとか新世界の神だろ。基本的に仮聴ってあんまり意味ないからさ。特に出和了りが効かない仮聴とかマジで無価値だから。」

バルタン「無価値ってことはないでしょw」

ゼットン「だってこれ好形でリーチしたいからこういう手順にしてるわけでしょ?それだったらなるべくそうなりやすい選択をした方がよくね?」

バルタン「まぁ、うっかり和了れるならそれはそれでいいかなと。」

ゼットン「うっかり和了りを期待するならカン6mの方がいいだろ。出和了りも効くしツモれば満貫だし。基本的に手牌進行が終盤になればなるほど二兎は追わない方がいい。超絶バランスのとれた二兎追いってあんまないから。」

バルタン「愚直がいいってことですか?幅を持たせた選択も悪くないと思うんですけど。」

ゼットン「どんなピンチでも自分を曲げない。正攻法(まっすぐ)なボクでいく!!」

バルタン「まずピンチではないですし自分を曲げてるわけでもないんですけどw」
スポンサーサイト



編集 / 2010.06.08 / コメント: 4 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析