判断能力と柔軟性
カテゴリ: 麻雀
ゼットン「何切るってあるじゃん。」

バルタン「ありますね。」

ゼットン「あれって正解ってひとつなの?」

バルタン「どういう意味ですか?そりゃもっとも有利な選択は一つでしょ?」

ゼットン「大体どっちでもいい、みたいな選択も結構あると思うんだけど。」

バルタン「たいして変わらない選択はあると思いますけど『もっとも有利』な打牌は存在しますよ。」

ゼットン「まぁ、そうなんだけどね。たいして変わんない選択ならどっちを切ってもよくないか?って思うんだけどこれって甘え?」

バルタン「でも有利な選択が出来るならそれに越したことはないと思います。」

ゼットン「AかBのどっちか切れればいいんじゃね?って思うことがほとんどなんだけど。言ってみれば『Cという選択さえしなけりゃいいんじゃね?』っていうさ。」

バルタン「何か例となる牌姿ってないんですか?」

ゼットン「ない。」

バルタン「即答ですねw」

ゼットン「ある牌姿においての二つの打牌の間に微妙な優劣があったとしてもさ。それって微妙なわけじゃん。ということはちょっとした状況の変化で優劣が入れ替わるってことだろ?そんな微妙な選択で一つの選択をかたくなに選択し続ける必要はないよね。」

バルタン「確かに柔軟性に欠けてる部分はあるのかもしれませんね。でも微妙な優劣が判断出来るってのはすごいことじゃないですか。」

ゼットン「まぁ、そうかもしれんけどね。俺はその微妙な何切るの優劣で言い争う必要性を感じないからね。各選択のメリット&デメリットを把握したらおしまいでいいよ。あとは個人のその場の感覚だろ。」

バルタン「そういうこと言って細かい部分に目を向けないから強くならないんじゃないですか?」

ゼットン 「(◞‸◟)」

スポンサーサイト
編集 / 2010.06.15 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

Enty「エンティ」クリエイター支援サイトに登録しています。よろしくお願いします。

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析