FC2ブログ
方向性
カテゴリ: 麻雀
前回までのあらすじ

元鳳凰民のゼットンが相棒のバルタンの助けを借りながら鳳凰復帰を目指すハートフルストリーだったのにいつの間にか復帰してたのでゼットンの助けを借りながらバルタンが鳳凰を目指す二人三脚ストーリーになってたんだけど二人とも鳳凰になったので方向模索中ストーリー。

ゼットン「あらすじとか久しぶりに見たな。」

バルタン「そういやそんなのありましたねw」

ゼットン「ということでこれからどうするか、ということなんだけど。」

バルタン「しばらくは私が鳳南を打つ感じで行こうかなと。」

ゼットン「そう。」

バルタン「二人とも同じ段位だと画像を張った時にアレですしね。東南の方がptの変動が激しいので段位の変動も早いでしょう。」

ゼットン「落ちるにしろ上がるにしろな、でもお前今日鳳南三連続3着じゃねーかよw全然変動してねーよw」

バルタン「しょうがないじゃないですかwそれに内2回は凌いだ3着でしたし。」

ゼットン「じゃあ一回はとりこぼしじゃんwそれでどう?鳳凰は?」

バルタン「うーん。そうですね。まぁ、なんとなくですけど好形リーチを大事にしていこうかなーと思って打ってるんですけど。」

ゼットン「好形厨か。」

バルタン「適切な押し返しや丁寧な降りが頻発するので愚形リーチだと分が悪いことが多いんじゃないかなと。打つべき時はもちろんリーチしますけどなるべく好形を探っていく打ち方にシフトしていこうかなと。」

ゼットン「いきなり打ち方変えられんの?」

バルタン「私は元々はそういう打ち方なんですよ。私の持つ愚形リーチの印象より実際の和了り率が悪くなかったり天鳳的に先制で曲げてしまえば降りを誘発出来たりとかでちょっとスピード寄りに偏らせてましたけど本来は『押し返されても大丈夫な待ちで曲げたい派』なんです。」

ゼットン「別に俺は自分が愚形リーチした時に押し返されても何にも思わないけど。」

バルタン「それは鈍感なだけですw」
スポンサーサイト



編集 / 2010.07.02 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析