FC2ブログ
反逆するゆとり
カテゴリ: 麻雀
好形厨 


ゼットン「目先の一向聴とか、、、ゆとりをもって麻雀打とうぜ。」

バルタン「他に何切るんですか?打7s?」

ゼットン「そうだな。5679の9って浮き牌としては悪くないしな。」

バルタン「でもシャボ引きの聴牌を逃すのはもったいなくないですか?」

ゼットン「カン7pで早くリーチしたいって思ってるならそれでもいいけどさ。そんなに魅力はないじゃん。」

バルタン「でもドラ1のカンチャンは愚形でも即リーチが最近の主流ですよ?リーチ狂のあなたがそれを逃すなんて、、、」

ゼットン「サラッとひどいこと言うなwまぁ、早くリーチ打ちたいってのはある。でもいいリーチを打ちたいってのもある。」

バルタン「みんなそうですよ。そのバランスを考えるとシャボ残しが有利という結論が、、、」

ゼットン「でも一昔前に言われてたさ。『他家が早いなら愚形で曲げるのは危険。遅いならあせる必要はない』ってのはやっぱあるんじゃねーの?表面的な効率だけじゃなくてそういうのもあるじゃん?」

バルタン「それなら早くリーチを打つことによる足止め効果とかもあるんじゃないですか?ルール的にも先手に対しては押しにくいでしょうし。」

ゼットン「そういう思考が主流の時代だからこそね。ゆとりのある打ち方で生きていくっていう。時代の反逆児だから。反逆するメカゼットンだから。」

バルタン「完全にパクリじゃないですかwしかもそれ謝らないといけない人が二人いますよw」
スポンサーサイト



編集 / 2010.07.26 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

メカゼットン

Author:メカゼットン
健康麻雀の講師をやっています。天鳳十段だったこともありました。

動画制作やってます。YouTube→
https://www.youtube.com/channel/UChw1CgXKlKek7rjlbM06MVg

ツイッター
月別アーカイブ
FC2カウンター
  1. 無料アクセス解析